2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« ブラタモリ 第52回 富士山に登る麓の町でまたも溶岩の下に入る。 | トップページ | スター・トレック BEYOND アクションSF映画としてあり »

2016/10/30

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話(2期・第5話) 「アーブラウ防衛軍発足式典」 チャドが爆弾テロに!タカキを想うアストンに泣かされる

鉄華団の地球支部を任されているチャドが爆弾テロに巻き込まれた!それでタカキが地球支部を指揮することになる。アストンが人間らしくなってきました。

蒔苗がクーデリアに言う

「目標へ到達するには順序が必要だ。最短を選ぼうとすれば必ずしっぺ返しが来る」

誰か死ぬってことですか?

アストンが地球好きだとか言う。他の団員も地球が結構気に入っている。オープニングでタカキが地上戦を指揮しているので何か起こるんでしょう。

しかしラディーチェのおっさんは団員に嫌われている。テイワズが見張りによこした男だそうな。

チャドが蒔苗の計らいで背広を着て防衛軍発足式典に出席する。背広姿のチャドを見て同じヒューマンデブリだったのに出世してるのをアストンは誇らしいと思う。

フラグだった。

蒔苗を狙った花瓶爆弾を察知したチャドが蒔苗を守ろうとして負傷する(容体は不明)。

タカキと妹のフウカの生活感が微笑ましい。まるでビスケットの兄弟みたいに仲がいい・・・あああ

オルガが背広のまま残り物を温めないで食べるのが様になってますな。

そこに来た三日月が温め直せばいいのにと言い、さらに痩せた?と聞く。

あんたら夫婦かい。

マッシュポテト(に見えるけどトウモロコシの粉をお湯で戻したウガリかも)に三日月がナツメグを砕いて、栄養だって振りかける。

オルガがみみっちくなるのはなんかいやだ。

オルガが笑う。ナツメグはマズイらしい。

火星での「夜明けの地平線団」の一件でマクギリスにしてやられたラスタルはマクギリスが本拠地としている地球で一発ぶちかますことに。そのためにジュリエッタの「おじ様」を使うそう。ジュリエッタの「おじ様」に今の自分を見てもらいたいってヒューマンデブリぽい発言。

ヴィタールのモビルスーツが完成してるぽい。

ヴィタールはジュリエッタみたいなはねっ返りだけど(この表現を「舟を編む」で久しぶりに聞いた)純情な小娘相手に、ラスタルを信用してるんだなとか言って疑念を植えつける。どうしてそんなにひん曲がったガエリオ(仮)よ!

おじ様って蒔苗の部屋に花瓶爆弾を仕掛けたらしいガランってヤツなのか。あれとは比べものに爆炎が上がるっていう予言はSAUとのアーブラウとの戦争が起こるってことか!しかもラディーチェに鉄華団を裏切らせるために買収していた。

ラディーチェは第二のフミタンか!

ガランに寝食をともにしてきた子供たちを戦火に放り込むことなるのに心が痛まないのなかと聞かれ、

彼らは教育も受けずに野放しにされた獣のようなものです。私はアレルギーがありまして、動物は苦手で。

鉄血のオルフェンズの魅力ひとつは、次々と現れるクソ野郎とそのド畜生発言。

ラディーチェは鉄華団を裏切るだけじゃなく、テイワズも裏切ってんじゃないのか?

ラディーチェは地球支部と火星本部との通信を取れないようにする。タカキがチャドとの連絡を取りたいけれどもチャドの意識が戻ってないのもラディーチェの嘘かも。

ガランは地球支部にチャドの仇討ちの戦いを始めさせたいのか。

指示がないのに勝手に戦えないと血気にはやる団員を押さえるタカキ。自分の考えからで団員を危険な目には遭わせられないと思っている。優しいな。

タカキがオルガの暴走を止めるビスケットぽくなってる。こんな若いのに中間管理職として部下からの突き上げを食らう。辛い立場です。

アストンがタカキに俺もチャドさんの仇を討ちたいけど、だけどそれより前に俺はお前の味方だ。

40代後半になるとこういう台詞が心に沁みます。

地球支部と連絡がつかなくてオルガがおかしいと感じ、ユージン、昭弘、三日月を師電とともに地球に急ぎ派遣する。クーデリアは蒔苗の容体を知りたくて一緒に行く。

ラディーチェにタカキは地球支部は地球での生活を守るために独自の判断で動くしかない、チャドがいない今、現場を任せられるのはあなたしかいないんですと言われる。

ここだけ聞くとラディーチェは悪い人には思えないけど・・・

アストンにラディーチェを信用しているのかと聞かれたタカキ、鉄華団は家族だろ?ラディーチェさんはもう鉄華団の一員なんだから。家族を信用できなきゃおしまいじゃないか。フウカのためにも俺は地球で頑張っていきたい。

ビスケットも同じようなことを言ってましたね・・・

アストン、

俺はお前らの幸せを守るためだったらなんだってする。俺にできるのは殺したり、お前を守って死ぬくらいだけど・・・


おっさんの涙腺崩壊させるんじゃない!

死ぬとか殺すとかそんな簡単に言っちゃだめだろ!ってタカキ。だが状況はそれを許さない。

タカキとガランがラディーチェの斡旋で面会し、握手する。

チャドが巻き込まれた爆弾テロを起こして、SAUとの戦争を焚きつけた張本人がアーブラウ防衛軍の指揮官になるとは。

この握手でタカキと鉄華団は新たな戦いから逃げ出せなくなる。握手って言う手錠ですな。

この前のオルガとマクギリスの握手といい、きな臭い握手で終わる鉄血のオルフェンズ、ロボット戦がなくても面白い。

タカキとアストンがオルガと三日月みたいなってきました。




« ブラタモリ 第52回 富士山に登る麓の町でまたも溶岩の下に入る。 | トップページ | スター・トレック BEYOND アクションSF映画としてあり »

コメント

すみません、また書く余地ないですw

「チャドさんを見てほしい」→フラグ
「タカキお前にまかせる」→フラグ
「お兄ちゃんと一緒にいられる」→フラグ
「俺はお前の味方だ」→フラグ

まったくガンダムってやつは…

なおさん、どうもsun
フラグの立ち方が半端ないです。
オルフェンスの涙が何回かかかることでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/64421760

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話(2期・第5話) 「アーブラウ防衛軍発足式典」 チャドが爆弾テロに!タカキを想うアストンに泣かされる:

« ブラタモリ 第52回 富士山に登る麓の町でまたも溶岩の下に入る。 | トップページ | スター・トレック BEYOND アクションSF映画としてあり »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本