2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 鉄血の一話を思い出させるバルバトスの登場 | トップページ | ブブキ・ブランキ星の巨人 第13話(第2期1話) 「黒い王舞」かなりコメディ色が強くなった »

2016/10/02

真田丸 第39話 歳月 佐助のクソつまらない兄貴への怒り爆発

昌幸パパが死んだ後、戦はないけどいろいろ起こる。春は信繁に群がる女に殺意を剥き出しにする(笑)。今まで寡黙だった佐助がよく喋った(笑)。しかし九度村編が関ヶ原の戦いみたいに短かった。真田紐のヒントはネパールにあった!

信繁のヒゲに合いますね。堺雅人を選んだ理由のひとつは終盤でぴたりとはまる感じにしたかったのかなと。

九度村に昌幸の供養のために訪れた信之に、昌幸が実戦で培い、書きためておいた兵法を信繁が渡す。しかし凡人にはさっぱりわからないと信之と困惑。

全部、こんな感じか?

全部、こんな感じです。

まさか前回ちょっと感動した遺書としての兵法が笑わせるネタだったとは。昌幸パパは最後までやってくれます。

信繁は今の暮らしに満足してしまって御赦免とかどうでもよくなっている。信之は困惑。

内記は昌幸が死んで追い腹を斬ろうとしたが、止められる。頭を剃ってしまった。この方が似合ってますね。

昌幸が死んだ後で、信之が九度村に来てお互いに父親に愛されていたのは相手だったと思っていたことを打ち明ける。なんかこういうのいいですね。信之が怒られていたのは愛されている証、重要なことで蚊帳の外だったのは守るためと信繁は考えていた。

矢沢三十郎が大殿(昌幸)は大殿なりに二人を愛していたと、お前がオイシイところを持っていってどうする!とちょっと思いました。信之と信繁、それぞれの性格にあった育て方だったということでしょうか。これぞ家族はひとつの船、真田丸。

借金がかさんで生活がきついと信繁が信之に経済的な窮状を訴える。佐助は忍者の技術を子供に教えて小遣い稼ぎをしてたのですか!佐助が子供に手裏剣を教える姿が様になってます。

これ以上、ひもじい思いはさせんと信之が信繁に約束する。そして送ってよこしたのが蕎麦(笑)。信州出身だけに。中を探って見てもお金の類は入っていない。額面どおりに受け取ってしまう小童な感じが抜けないお兄ちゃん、大好きです。

また皆で暮らすのがわしの願いだと信之はツテ(通というクリスマスの深夜に明石家さんまと番組をやってる元アナウンサー)を使って高台院(北政所)に赦免を取り付けるように努力する。いいお兄ちゃんです。と思いきや、通を合っていると心が落ち着くからだという。お兄ちゃんは何気に愛に生きる男。

生きる屍みたいになっていた内記は信繁の息子、大助に囲碁を教えるように頼まれて元気になる。碁盤は土地、石は杭!四方を囲まれたら取られてしまうのは戦を同じ!知らなかったです。

家康の頃から大名の家族を江戸城に住まわせて領国との間を行き来させていたのですね。参勤交代の原型は家康の時代にすでにあったとはまだまだ勉強不足でした。

江戸に住まうことになった昌幸の正室・薫は江戸の懐紙は固い、やっぱり京都の懐紙が良いと愚痴り、若い頃の昌幸は素敵な方でしたと懐かしんでナレーションで死ぬ。最後に信繁の娘にも合わせる。これは良い往生ですな。

信繁(昌幸の毛皮と意志を受け継いだのですね)の庭のちっぽけな畑に水を引く樋が壊れて通りかかったきりと一緒に直しているところを春に見られる。「父上様・・・」って抱えている息子に春が言うのは、息子に言わせようとしているのか。

佐助がきりにまさか信之の悪口を言うとは思わなかったですよ(笑)。

信繁がこのままここで終わるおつもりなんでしょうか。お若いのに勿体ないですって(その読みは当たっている)。

俺、あの人が本気出すならやりますよ。どこまででもついていきますよ。


俺、あの人見ていると、なんかもうイライラしちまうんだ。兄貴なんかに負けちゃだめだっての!

ここだけの話、あのこの兄貴、真面目なだけで、クソ面白くもないじゃないですか

一所懸命なのは分かるけど、人としてつまらねえですから

忍者がそれでいいのか(笑)!

一緒にいると3つ数える間に飽きちまうんだ。源次郎様にはもう一度、日の当たるところに出て行っていただきたいんですよ。ここで一生終えるお方じゃねえ。あのクソ面白くもねえ兄上がいい思いしてるっていうのに

そこに信繁が現れて、忍者の顔に戻る。ほんとに笑った。藤井隆が佐助の理由は、これを言わせるためだったかと思うくらい絶妙。

そして信繁が日の当たるところに出ることになったのが、信州の蕎麦売り(笑)。しかし失敗。蕎麦がきじゃなくて細く切れば・・・と麺になった蕎麦が食べられるようになるのはもっと後の話。濃い口醤油の登場を待たねばなりません。余談ですが、蕎麦は茹でずに昔は蒸していたのでせいろに載せるのです!カステラなら違ったかもね!

春は信繁がきりを蕎麦の販売を連れていったので嫉妬する。申し訳ございませんでしたと部屋を出て行くときに障子に穴を開けていく(笑)。ほんとに面倒くさい女ですな!しかし子供は三人いる。

信繁が命を助けるために形式上側室にしていた豊臣秀次の娘たかが南蛮人みたいな格好で九度村にやって来た!呂宋(ルソン)で育ったので正座ができない。春の殺意がだだ漏れ。

持ってきたお土産(を安く売る)の中にネエパラ(ネパール)紐、サナールがあった(実際の説は真田丸の公式サイトにあります)。信繁は真田紐を村人に作らせて売ったのは事実なんでしょうね。佐助も一本買いたくなるほどの強さ!

キリは女子向けのラブコメに出てくるカッコいいけどフラれてしまう男の子みたい。信繁の元を離れようとするが、春に私のために出て行かないでと懇願される。

信繁は村長に真田紐を作らせて売らせることに成功し、ビジネスマンとして頭角を現す。

囲碁で連敗して凹んでいる息子の大助を慰める意味で、信繁は囲碁を教えてくれと頼む。お前の説明はわかりやすいなと褒める。わからないと悩んでいた子供の育て方がわかってるじゃないですか。

こういうアットホームな話が少し続くのかなと思ったら、宇喜多秀家の家臣、明石掃部頭全登(あかしかもんのかみてるずみ)が現れた。小早川秀秋が勝手に死んだと思い込んで悩まされていた亡霊のひとりだ!

お迎えにあがりました。

早いな!

最終章も面白そう。

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 鉄血の一話を思い出させるバルバトスの登場 | トップページ | ブブキ・ブランキ星の巨人 第13話(第2期1話) 「黒い王舞」かなりコメディ色が強くなった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/64290222

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第39話 歳月 佐助のクソつまらない兄貴への怒り爆発:

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 鉄血の一話を思い出させるバルバトスの登場 | トップページ | ブブキ・ブランキ星の巨人 第13話(第2期1話) 「黒い王舞」かなりコメディ色が強くなった »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト