2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 牙狼――リマスター 第16話 赤酒 麿赤児が出てる | トップページ | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2 第4話(29話) 出世の引き金 こんなガンダム見たことない。 »

2016/10/23

ブラタモリ 第51回 樹海の神秘 樹海があればこその養業だったか

ブラタモリがかなり過酷な感じになってますな。

富士の樹海が日本の殖産興業、富国強兵の一翼を担っていたとは。

割れ目火口の跡が残っていて、その証拠に元からあった土がマグマの熱で焼かれて赤くなっている。って土が赤いことから類推するのが凄いですね。

溶岩が坂(大きな段差)になるくらい積もったのか(厚さ5メートル)!末端崖っていう。樹海の下にはこんなに厚い溶岩石の床になっているのですね!

大きな溶岩ってテンションあがるのわかります。

昭和まで溶岩の採石場があり、そのおかげで断面がわかります。溶岩の下の軟らかい赤くなった土を掘って出すと、溶岩は自分の重さで勝手に崩れる。崩れた用半は高度成長期にスバルラインとか土木工事に資材として使われたとか。

気泡が少なくて墓石に使える上質は溶岩は「ロース」、気泡が多くて埋めてに使うのは「アワ」って呼んでいたそうな。

しかし世界遺産になったのでもう溶岩は採集できない!

溶岩で焼いたステーキ。いいじゃないか。

富士風穴。流れたマグマの外側が固まって、まだ軟らかい中がさらに先に流れ出して中が空洞になってできたトンネルのこと。冬の間にたまった冷たい空気が夏になっても冷たいので下にたまったままになっている。

明治から昭和にかけて富士風穴に蚕の卵を貯蔵して(孵化する時期を遅らせて)たのか!それで蚕の糸が獲れる時期を春だけでなく、夏と秋にも糸が獲れるようになった。

それで世界一の絹糸輸出国になった。確かに富士の樹海の風穴が日本を支えたんですね。生産量が3倍になりますからね。

風穴の中にできる氷筍は綺麗です。

壮絶スゴ技
豪雨になって地下道とかに水が入ってきて歩かなければいけなくなっても、絶対に靴は脱いじゃいけないと防災会議で言われました。ケガをしたら汚水が入って化膿するかもしれません。

アラミド繊維とか防弾性のある繊維にさらに金属板という合わせ技、戦車の複合装甲(チョバムアーマーじゃないか)2156ニュートンの荷重をかけた釘でも貫けない靴底が完成。

さらに金属板を2枚重ねたら6942ニュートンの荷重でも貫けない。700kgの荷重でも釘を踏み抜けないそうな。

局面、局面によってどっちの靴もありだと思いますよ。


« 牙狼――リマスター 第16話 赤酒 麿赤児が出てる | トップページ | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2 第4話(29話) 出世の引き金 こんなガンダム見たことない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/64387283

この記事へのトラックバック一覧です: ブラタモリ 第51回 樹海の神秘 樹海があればこその養業だったか:

« 牙狼――リマスター 第16話 赤酒 麿赤児が出てる | トップページ | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2 第4話(29話) 出世の引き金 こんなガンダム見たことない。 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本