2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第34話 (第2期第9話) ヴィダール立つ 雪乃丞とメリビットさんの件は聞いてないぞ! | トップページ | ウォーキング・デッド7 第6話 「浜辺の村」 調達に出たタラがアレクサンドリアに戻るまでの話 »

2016/11/27

真田丸 第47話 反撃 キリが芸人と化す  女に戦の始末を任せて豊臣滅亡

且元、無念ナレ死! 和睦交渉の席で阿茶局が開口一番、戦は男が勝手に初めて女はいつも振り回されると言う。

これだけ聞いたらスイーツな大河ですが、これは真田丸。そういう女がとんでもない食わせ者。そこらの男よりも権謀術数に長けている。

まんまと騙された平和ボケ大蔵卿局は万死に値する。だが最後は熱い。後藤又兵衛、カッコいいぞ。

片桐且元が茶々を守ろうと住んでいるところを家康に教えたばっかりにそこに砲弾を撃ち込まれる。且元、裏切られたと膝をつき泣き崩れる。それから半年後、急死。病死とも自刃とも言われるってナレ―ション。このナレ死は可哀想過ぎる。

茶々は砲撃によって徹底抗戦から和睦に心変わりした。信繁は和睦に反対する。砲弾が止んだのは弾が尽きたからだと推測する。流石ですな!

しかし和睦に決した。和睦しても家臣になれないと心配する牢人たちに後藤又兵衛が任しておけと胸を張る(最後確かにそうなった)。

徳川側は牢人の処分を和睦に絡めてくると信繁は睨んでいる。牢人がいなければ大坂城の兵力が激減して攻めやすくなる。

信繁が茶々に呼ばれて会いに行ったら、和睦しないと断言しておきながら和睦してしまった茶々を叱ってくださいって抱きつかれた。叱ってくださいって言われたら、かえって叱れずに抱き返すしかない。

しかし後藤又兵衛や毛利勝永とかによく茶々のところに呼ばれるものだから、ひとりだけ抜け駆けして良い思いをしようとしていると疑われる。

一方、兄の信之は平野永泰に兵糧を託して真田は知らぬ存ぜぬを決め込んでいるのが心苦しい。それを真剣な顔で言ってるけど、お通に膝枕されて耳かきやってもらいながらだと、リラックスしてるようにしか思えない。

弟が今、向こうで命を賭けた戦いをしている。それを思うといてもたってもいられないのだって言われても、真剣さを感じない。笑えてきます。

稲とこうの二人がお通の家に乗り込んできた!信之、現場を押さえられた!!

と思ったら、膝枕200文!ってアキバ系のサービスだった!

お金を取られていたとは知らなかった信之、唖然。

稲がお通にこれから夫の心を癒やすのはおこうがやりますと言う。自分と言わないのが稲らしい。

相変わらず信之パートは笑わせてくれます。

幸村に不信感を抱く牢人たちが作兵衛に幸村が信じるに足る男かと聞く。作兵衛は仕えていた時間が短いので知らないと答える。だが父親の安房守(昌幸)のことは知っている。安房守様ほど義に篤いお方はおられなかった言う。

すぐに裏切りことで有名だったと毛利勝永がそしる。とんでもない誤解だと作兵衛。

安房守様は生涯を賭け、武田の領地を取り戻そうとされていた。信玄公への忠義を死ぬまで忘れなかった。そのためにはどんな手でも使った。卑怯者の汚名も着た。

源次郎様はその血を受け継いでおられる。あの方は太閤殿下のご恩に報いるためには何でもする。そういうお方じゃ。

昌幸の名前が出てくると泣けてきます。死に際に信玄の馬のいななきが聞こえるくらいですからな。

織田有楽斎が徳川との和睦の話し合いに出ようと言うが、徳川のスパイだと知っている信繁は本多正信が出てきてはまずいので女性を使者に立てるべきだと主張、大蔵卿局が私がと名乗り出るが、それを退けて茶々の妹、初(常高院)がふさわしいという。しかし大蔵卿局がついて行ってしまった。これが運の尽き。

徳川が出してくる阿茶局は食わせ者だと知った信繁、助っ人にキリを同行させる。風向きが悪くなったらその場をかき回せと命じられる。芸人か!

和睦交渉の席で開口一番、戦は男が勝手に初めて女はいつも振り回される、我ら女だけで戦の始末をつけるというのは愉快ですねと阿茶局。

ここだけ聞いたらスイーツな大河でイラッとしますが、これは真田丸。阿茶局はとんでもない食わせ者。男よりも権謀術数に長けている。豊臣を滅ぼせと家康に進言した張本人。

大蔵卿局は完全に阿茶局に取り込まれる。

信繁が茶々たちが和睦に転じても、和話し合いの席で優位に立とうと女性に任せる策を出す。それをしぶといと秀頼に評される。信繁が返す。

望みを捨てぬ者だけに道は開けるのです。

阿茶局の話の持って行きかたが上手い。

茶々を人質にしないし、領地替えもない。大坂城もそのままでいいと言う。それが一番気がかりな大蔵卿局はよろしゅうございましたと安堵する。馬鹿だな!

牢人の処分もしない。豊臣が勝ったのですから当たり前ですと思ってもいないことを言う。あとはおいおいと阿茶局に領地拡大の件が誤魔化さそうになるとキリが足がつった!!って叫んでのたうち回って初をチラ見する。

初が牢人を養うための領地加増を求める。阿茶局が大蔵卿局に牢人たちはどうするのですかと尋ねる。大蔵卿局が牢人を良く思っていないのを阿茶局は有楽斎から聞いていたと思われます。頭を痛めていると答えるのは百も承知。阿茶局の罠にはまった!

真田丸があるからいつまでも牢人が居座るのですと阿茶局が言い、掘りも埋めてしまいましょうと提案する。そうすれば牢人たちが大坂城からいなくなって大御所様(家康)も一安心、よいことずくめではありませんか!この笑顔、信じちゃいけない。

悪魔は天使の顔をしてやってくる。

相手が望むことを正しいと嘘を言って喜ばせ、牙を抜く。

軍隊があるから戦争が起こると信じてる人たちに軍隊は要らないですよねって言ったらそうだと賛同して基地は要らないとか運動を起こす。現代にも通じる計略です。

きりの足がまたつった!!


それを見た初がこの件は持ち帰って相談すると話し合いを中断しようとするが、阿茶局に男に任せればまた血が流れると反論し、大蔵卿局がそれに賛同。結果、真田丸は破壊されて掘りが埋められることに。しかもそれは密約。

それを知った信繁がついに大蔵卿局にキレる。

なんという愚かな。出城も掘りも失っては戦えませぬ!戦えぬ我らに家康が約定を守るとお思いか!


大野修理も怒る。

母上は豊臣をお潰しになられるおつもりか!


これでよかったのだと織田有楽斎に言われる。スパイに言われたらおしまいですよ。

女に戦の始末を任せて豊臣滅亡。


これぞ城攻めよと家康が高笑い。

しょっぱいです。

流石の信繁ももはや打つ手なし。この戦い、勝ち目はなくなったと牢人たちに打ち明ける。そして早く城を去るように、城を枕に討ち死にしようなどと愚かなことは考えぬようにと言う。玉砕はしない。

後藤又兵衛が大坂城を去ろうとする長宗我部盛親や塙団右衛門に行く当てはあるのかと聞く。

だが再び牢人たちが信繁のもとに結集。後藤又兵衛が言う

なにのんびりしてるんだよ!早く策を立ててくれよ。俺たちはウズウズずてるんだ!

熱いな!いいぞこういう不屈の展開!

秀頼もやってきて信繁の手を取る。

望みを捨てぬ者だけに道は開けるとそなたは言った。私はまだ捨ててはいない。

踏まれても踏まれても信繁たちは立ち上がる。

残り3回、負ける気がしない!


« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第34話 (第2期第9話) ヴィダール立つ 雪乃丞とメリビットさんの件は聞いてないぞ! | トップページ | ウォーキング・デッド7 第6話 「浜辺の村」 調達に出たタラがアレクサンドリアに戻るまでの話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/64552164

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第47話 反撃 キリが芸人と化す  女に戦の始末を任せて豊臣滅亡:

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第34話 (第2期第9話) ヴィダール立つ 雪乃丞とメリビットさんの件は聞いてないぞ! | トップページ | ウォーキング・デッド7 第6話 「浜辺の村」 調達に出たタラがアレクサンドリアに戻るまでの話 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト