2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 牙狼(HDリマスター)第25話(最終回) 英霊 | トップページ | ブタラモリ 第57回 目黒 江戸のリゾート »

2016/12/25

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話(2期13話) 「天使を狩る者」 年末に凄い戦いを見た

凄い戦いを見ました。目が赤く輝いて持てる能力を全解放したバルバトスの動きが今までに見たことがない躍動感!これぞモビルアーマーを狩るモビルスーツ、人外の魔物!

ヒリヒリと生きた生き様を、そのために死ねる何かを この時代に叩きつけてやれ!

ってOPの歌詞どうりの戦い。

赤く目が光ってテイワズの親分とオルガの遣り取りから始まるかと思ったら、モビルアーマー・ハシュマルが吐き出すビーム、それをかわすバルバドスの戦闘モードに突入。スピード感と情報量が半端ないです。

石動がバルバトスの戦いを理性なく、ひたすらに破滅へと突き進む、己が身までも食いつぶすような戦いと評し、嫌悪する。その言葉どおりの戦いを見ました。本当に凄かった。大張正己やりますな。

マクギリスが援護しようとするが、三日月に「邪魔」と言われる。オルガがここで主導権を握れるように(手柄を渡さないために)そういったのか、本当に邪魔かはわかりませんが、三日月らしい単騎特攻。

しかしハシュマルの尾っぽが執拗にバルバトスに襲いかかる。それを受けてもなお、ハシュマルにこれでもかこれでもかと挑み続ける。いさなとり(ぐじら狩り)。

動きが速すぎて見えないけどわかる!

バルバトスの右手がパンチで砕けてるのにさらに殴る。

尾っぽにコクピットの右側面をやられる。

危ねえな!

尾っぽが刺さった右腕を自ら引きちぎってさらに戦いを仕掛ける。

左腕だけでヘルムヴィーゲ・リンカーの大太刀を握って再突撃し、ボコボコ殴る。

ちょうどいい。これなら殺しきれる。


三日月語録が増えていきます。そして大太刀でハシュマルの喉元に正拳突き!ハシュマル沈黙。尾っぽがバルバトスのコクピットに突き刺さった。三日月がグレンラガンの兄貴の合体にみたいにそれを除けている。

OPのバルバドスが左手を空に向かって広げているのはこれだったのか。

あまりの無謀な戦いに唖然とする石動。

劇場版になったらこの戦いは編集できません。圧巻です。

マクギリスはバルバトスの壮絶な力と壮絶な戦いぶりに憧憬する。

私の迷いの霧を晴らしてくれたのだよ。

あの強さは本物だ。ガエリオが生きていてラスタルがそれを囲っているとして、それが純粋なカードとして強さを保有するのは、腐った理想が蔓延する曖昧な世界でだけ。バルバトスが三日月・オーガスが再認識させてくれたよ。真の革命とは腐臭を一掃する鮮烈な風だ。本物強さだけが、世の理(ことわり)を正しい方向へ導く。

ってバエルの背中が見えた!この力で世界を変えるつもりか!

結果、テイワズの中で鉄華団の地位が上がる。

ジュリエッタは新型MSへの登場を求める。

だが三日月は右半身をバルバドスにもっていかれた。歩けなくなってしまった。凄い代償だ。オルガが動揺。(あと記憶力も落ちている。自分を忘れちゃうフラグ?)

イオク・クジャンはラスタルにも見放される。ラスタルに侮蔑されたままでは部下に顔向けできないと、周りの者たちに思い止まるように言われながらも、怪しげな輩(ジャスレイ・ドノミコルス)と連絡を取る。お前はギャラルホルンの上島竜兵か!

マクマーンドにテイワズに迷惑をかけるようなことになったら潰すと脅されたオルガに対する名瀬の忠告が的を射てます。

三日月が右半身の自由を失ったという話から、「火星の王」ってのが家族のために本当にお前の目指すべき場所なのか疑問を投げかける。

オルガが生き急ぎすぎているように見えると。家族のためってんなら、他には方法もと名瀬が言いかけたところで、オルガが遮る。

他にも方法はあるかもしれない。けど俺らは結局、戦うことから逃げられねえ。これまで流した血とこれから流す血と、今度は名瀬が遮る。

どうして熱くなる?結局のところ、これしか道はないのかもしれねえ。でもよ、今のお前はこう叫んでいるように見えるんだ。

目指す場所なんてどこでも関係ねえ。とにかくとっとを上がって楽になりてえ」ってな。

これです。図星です。さすが兄貴。

三日月の体が不自由になっていくオルガの苦悩がわかるんでしょう(三日月が拒否したり、泣き言を言ってくれたほうが楽なはず)。だから早く楽になりたい。

希望あふれる小学生にはわからん話でしょう。現実に直面した40代のオッサンにはめっちゃ面白い!高級プラモデル売れますよ。

三日月がクーデリアからのお土産のシュークリームを寝ながら食べる。介護老人状態。

クーデリアが動けなくなった三日月の代わりに畑仕事すると言うと、クーデリアにはクーデリアの仕事(俺たちが戦わないですむ世界を作るってこと)があるでしょとたしなめる。三日月の目が据わってる。

クーデリアは体が不自由になっても三日月は変わらない(バルバトスで戦う)と思っていたし、そうなればその先には三日月が死んでしまう未来しかない。だからそれを直視する勇気がなかった。だから会いに来なかったとアトラに打ち明ける。

アトラが唐突にクーデリアに前世はなにかと聞く。困惑するクーデリア。同じ事を考えていたと泣き出す。そしてクーデリアを掴んで三日月との子供を作って欲しいんです!

衝撃的ですな。三日月が死んでも形見の子供が残ればってことですか。

シノの三代目流星号がライドの雷電号に改名。色も赤から茶色系統に変更。

動けない三日月を弟子のハッシュが世話するが、移動するときにイモの袋みたいに担ぐのはどうだろう(笑)。

オルガが寝ている三日月のところにやって来て、俺は謝らねえぞと呟く(本当は謝りたいのか!)。

三日月が起きようとしてベッドから落ちる。助けようとしたオルガの手首を三日月が掴む。

自分のせいだって思ってる、俺がこんなになったの?でもさ、悪いことばっかりじゃないって思ってる。わかりやすくなったから。

クーデリアが言ってたんだ。俺たちが戦わないですむ世界を作るって。考えてもよくわからなくて。でももう考えなくていい。俺はもうバルバトスなしじゃ走れない。だったら、やっぱり俺は戦わなきゃ生きていけない。

オルガ、俺を連れてって。オルガの指示があれば、俺はどこへだって行ける。

三日月がオルガの手を握りしめる。オルガが三日月を引っ張り起こす。三日月、オルガの苦悩を察して救ってやる。

(これオープニングのタイトル出てくるの直前のところと一緒。オルガが三日月を導くというスタンスがよく現れるなと)

謝ったら許さないと三日月。


わかってるとオルガ。謝らねえよ。俺がお前を連れて行ってやる。


怒濤の戦いから一蓮托生の絆の握手。近藤勇と土方歳三みたい。泣かされました。

2期はさらに面白いです。

今回の戦いと三日月とオルガの絆、バルバトスの魅力がさらに高まります。

« 牙狼(HDリマスター)第25話(最終回) 英霊 | トップページ | ブタラモリ 第57回 目黒 江戸のリゾート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/64675356

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話(2期13話) 「天使を狩る者」 年末に凄い戦いを見た:

« 牙狼(HDリマスター)第25話(最終回) 英霊 | トップページ | ブタラモリ 第57回 目黒 江戸のリゾート »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト