2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« ウォーキング・デッド7 第12話 「覚悟」 リックとミショーンの車の中の会話が生きる覚悟。 | トップページ | スーパーサラリーマン左江内氏 第8話 スーパーウーマンが登場  »

2017/03/10

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2 第21話 (第46話) 「誰が為」 葛藤するオルガ

シノがやられた直後より(見たときはまず衝撃)、今回の方が泣けます。

シノ、ジュリエッタ、石動、三日月、それぞれの身の挺し方。タイトル「誰が為」というタイトルどおりの話でした。

シノがラスタル・エリオンの座乗艦を撃ち漏らす。文字どおり命を張った一撃だったがジュリエッタの介入に邪魔された。シノは特攻して散る。二回目を見るとさらにぐっと来ます。

オルガはシノを回収に向かうとように命令する。だが操艦するユージーンがオルガの胸倉を掴んで、シノが命張ってせっかく作ったチャンスだろうが無駄にできるかよ!

こういうのを聞くとね、さらに悲しい。

三日月が久々にキレる。お前消えろよ。バルバドスの目が光った。

ジュリエッタのレギンレイズ・ジュリアの頭が大破、腕がもがれ、脚が引きちぎられる。狼が足の速い獲物をジワジワなぶるよう。

ラスタル様の剣になれなくとも、ラスタル様の盾になり、守ることができれば・・・たとえ命尽きようと、私の勝利に

と満身創痍で突っ込んでくるレギンレイズ・ジュリアをバルバドスのメイスが無情に貫く。

だからゴチャゴチャうるさいよ。

行かせないってジュリアがバルバドスの足にしがみつく。

へえまだ生きていると三日月。

ユージーンが三日月に撤退するように言うが、シノが失敗したなら俺がと三日月。(これが最後に聞いてくる)三日月が撤退する。

ホタルビの仕掛けが発動して逃げるバルバドス。シノのフラウロスとシノが撃ち漏らしたラスタルを残して去らねばならない三日月。

マクギリスがガエリオと一騎討ちが熱い。キマリス・ヴィダールいいな!

お前の信じたバエルの理想とはその程度のものだったのか!とガエリオ。

お前の信じる力でお前を殺したとき、俺たちはようやくわかり合えるだろう!

(「お前を倒した」じゃないんだと思った。マッキーを殺す前提のガリガリも私怨の権化になってます)

マクギリスは操縦桿を握りる左手を幼い嫁に刺されてますからな。兄のガエリオを守ったと。困った女だと呟くのもわかります。マクギリスがキマリス・ヴィダールの膝ドリルにやられるかと思ったら、石動のヘルムヴィーゲ・リンカーが身を挺してマクギリスを守った。

石動はコロニー出身者だったからマクギリスに希望を見出し、明日の夢を託した。生まれながらボードウィンの名を持つ、あなたにはわかるまいと、阿頼耶識化したアインを背負ってるガエリオに言って死んだ。

以前の俺は確かに理解ししきれていなかった。だが俺にそれを教えてくれた存在がある。だからこそ言える。ヤツが君に見せた夢はまやかしだと。

俺も一度はヤツの理想に夢を見た。もう冷めてしまった過去の夢だ。

敗走する鉄華団。オルガもまやかしを見せられたのか。

ここまできて鉄血が一段と面白いのは、初代ガンダムでいう「ジオン視点」だからですね。


昭弘が兄弟にしたデルマがやられたかと思ったら生きてた。でも左腕を失った。俺が回復したところで・・・と、うなだれる。こんな半端な状態で生き残っても、みんなの役には立てないのに・・・

昭弘が言う、ありがとう。お前とこうして話ができることがうれしい。生き残ってくれてありがとうな。

弟とか養子のアストン、ラフタ、親しい人がことごとく死んでいく昭弘がいうと説得力が違います。

デルマ号泣。

泣けた。

帰還した三日月が一人で黙って座ってる。シノが死んだしね。三日月をそっとしておいてあげてとハッシュに言うアトラは大人の階段を登ったのか。

オルガはまともすぎるから、鉄華団のメンバーが死ぬと自分のせいで凹む。それを見たヤマギがキレた。泣き言ですか?みんなあんたの言葉を信じて死んでいったのに、あんたが腑抜けててどうすんですか!

ユージーンがヤマギにシノの話をする。

いろんなヤツはいるよな、気負いすぎてガチガチの団長。ヘタレが抜けねえ副団長。何考えてっか分からねえ狂犬みたいなヤツ、筋肉バカ、俺みてえなのを好きなってくれるもの好きもいてよ。俺は好きだ。守りてえよ、鉄華団を。

ヤマギが泣く。シノがいない場所で生きて行くぐらいなら一緒に終わりたかった。そんなことを言ったらシノは怒るかな。俺にも守れるかな鉄華団。

ええ話だ。この話からすると、ガエリオが言うのが、鉄血の話では違うのかも。

この最後の戦いと金も立場も全部手に入るとでかい嘘を吹いて作戦を失敗して仲間を殺したと凹むオルガを最後に慰める(立ち直らせる)のはシノから狂犬扱いの三日月さん。

オルガに嘘をつかせたののは俺だと三日月。俺が邪魔するヤツを全部片付けてれば、オルガの言ったことは嘘にならなかった。俺が最後にできなかった。前半で三日月が逃げるときにずっとラスタルとシノがいた方を見てたのはそういうことですか。

そうか。お前はそうだったんだ。最初から。ずっとそうなんだよなとオルガ。

仲間を間違った方向に連れてきたんじゃないか。そんな迷いは思い上がりだ。お前が連れてきてくれた。みんなが連れてきてくれた。俺の言葉を実現するために、支えるために、お前らが。(ここでビスケットの帽子、これはアカン、また泣いてしまう)。だったら、俺にできることは迷わないことだ。

オルガが三日月に言う。お前の全部を俺にくれ。

とっくに渡してるよ。

ここで三日月がバルバドスに向かって(第1期最終回の「お前の全部を俺によこせ」)言った言葉をオルガが使いますか。

感動した。狂犬に感動させられた。

「誰の為」っていうタイトルどおりの話。すべてのエピソードがオルガに収斂してます。

ガエリオの言っていることが正論ぽいけどアンチテーゼなのかな。

火星圏での戦いはホームでの戦いになるためだと言うが、火星のギャラルホルンはラスタルに寝返ってるじゃないか!

モビルスーツのそれぞれにストーリーがあるので、買いたくなりますわ。

« ウォーキング・デッド7 第12話 「覚悟」 リックとミショーンの車の中の会話が生きる覚悟。 | トップページ | スーパーサラリーマン左江内氏 第8話 スーパーウーマンが登場  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/64994670

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2 第21話 (第46話) 「誰が為」 葛藤するオルガ:

« ウォーキング・デッド7 第12話 「覚悟」 リックとミショーンの車の中の会話が生きる覚悟。 | トップページ | スーパーサラリーマン左江内氏 第8話 スーパーウーマンが登場  »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト