2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« ブラタモリ 第69話 京都・清水寺 清水の舞台から飛び降りる日本人のバカッター気質 | トップページ | HOMELAND6 第3話 「契約」 北朝鮮はイランのために核開発をしているのか? »

2017/04/11

プリズン・ブレイク5 第1話 そうそうこういうのでした 懐かしい面々が登場

Tバッグを見るとプリズン・ブレイクだな!って気がします。

久しぶりに見るとやっぱり面白い!

シーズン3から見ていないですが、シーズン5第1話、懐かしのキャラクターが甦ってきますね。

リンカーンは悪い奴らから大金を借りていて追われている。

Tバッグは模範囚として出所が早くなる。そして変な手紙を受け取る。そこにはマイケル・スコフィールが映ったイメージが印刷された紙が入っている。そして謎のメッセージが書かれている。

Tバッグがリンカーンに見せるが、リンカーンはマイケルが生きているはずがないと信じない。しかし墓を掘ってみると骨がない!なぜか気になってジャケットを持ってくる。これがプリズン・ブレイク流の伏線ですな。ジャケットの裏にカニエル・アウティスというラベルがついている。

リンカーンがマイケルが生きている可能性を知ると殺し屋に追われ始める。サラの家にも殺し屋がやってくる。Tバッグから渡された紙をよく見てみるとメッセージのアルファベットがところどころ濃い。鉛筆とペンで書いてある。ペンで書いてるところが濃くなっている。

消してみるとOgygia という文字が浮かび上がる。内戦中のイエメンにある政治犯専用の刑務所。完全に当たりです。しかしどうやってイエメンへ?リンカーンにはツテがあった。

Cノートがイスラム教徒に改宗していた!本当のジハードをしていると。良い人間になったのかと泣けました(元々悪い奴ではない。無実の罪で刑務所に入れられた)。イラクに派兵されていたのでアラビア語もある程度わかる。その設定がこんなところで生きるとは。

Cノートが刑務所にマイケル・スコフィールドという囚人がいないか問い合わせるが、そんな奴はいない当然ですな。それでリンカーンはネットでマイケルの写真を探して刑務所に送ろうとするが、すべて別人に置き換えられている。また巨大な権力が背景にいる!これがプリズン・ブレイク。

しかしリンカーンはマイケルがいると確信してひとりイエメンに向かう。そこにスクレが現れる!スクレだ!マイケルは恩人だから一緒に行くという。この感じ、凄く懐かしいです。そうしたらCノートもやって来た。プリズン・ブレイクはこういう仲間が助けに来るストーリーでなくては。

Tバッグは何者かが大金を研究者に寄付して左手を機械に変えた。この義手に意味がありそう。寄付した人間のIDがOUTIS(アウティス、ギリシャ語で「誰でもない」という意味)になっていた。ジャケットの名前と一致した!

リンカーンはイエメンに入国してパスポートと引き換えに刑務所で面会できることになる。しかしマイケル・スコフィールドという囚人はいないと言われる、ガッカリ&ムカつくリンカーン。しかしマイケルが映った紙を刑務所の職員に見せるとカニエル・アウティスと言われる。カニエル・アウティスは大物テロリストの名前。

そこに現れたのは、体中入れ墨だらけの男。どうみてもマイケル・スコフィールド。しかしこの男はリンカーンを知らないと去って行く。

リンカーンがその後ろ姿を追う。

プリズン・ブレイクの始まりはこうでなくてはという始まり方。



« ブラタモリ 第69話 京都・清水寺 清水の舞台から飛び降りる日本人のバカッター気質 | トップページ | HOMELAND6 第3話 「契約」 北朝鮮はイランのために核開発をしているのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/65134659

この記事へのトラックバック一覧です: プリズン・ブレイク5 第1話 そうそうこういうのでした 懐かしい面々が登場:

« ブラタモリ 第69話 京都・清水寺 清水の舞台から飛び降りる日本人のバカッター気質 | トップページ | HOMELAND6 第3話 「契約」 北朝鮮はイランのために核開発をしているのか? »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト