2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« 仮面ライダーアマゾンズ2 第4話 QUO VADIS? デートに誘って殺されそうになる | トップページ | HOMELAND 6 第6話 「帰還」 キャリーはまたも命を狙われる »

2017/05/03

THE FALL 警視ステラ・ギブソン 3 第2話 「混沌」 スペクターの記憶が飛んでる

殺人事件は被疑者が捕まった後も、いろんな方向にいろんな影響を与えるのがよくわかるシーズン3。

北アイルランドの警察は理事官会議(Northern Ireland Policing Board)という警察以外の議員および法務省に選ばれた市民(政党)で構成させる組織に事件捜査とかの報告義務があるみたい。警察官がタイラーに兼寿を奪われたことを追求される。

スペクターとアンダーソンがタイラーに撃たれて、タイラーも撃たれて死んだ件でステラはオブズマンに呼ばれて質問される。担当したのはローグワンで同盟軍のモン・マスマ役の人です。なんの嫌疑だとステラがつっかかる。問題はリスク管理。

スペクターが裁判にかけられる前にステラが裁判にかけられているみたい。すべてはローズ・スタッグの救助を優先するためだった。人命を守るのが警察の第一の義務だとステラ。スペクターの命も守らなければならないのではと突っ込まれる。あとタイラーがスペクターを恨んでいるのにパトカーから出して、なぜ防弾チョッキを着せなかったのかと。確かに。

スペクターの娘からケイティに電話がかかってくきて、パパに何があったか知ってるかと聞く、さらにあなたの友だちのデイジーがどうやって父親に会ったか尋ねる(ネットの記事でデイジーがスペクターを暗くて危険な目をしていたと証言している(日本でもありがち)。

娘からしたら優しいお父さんが殺人鬼だとは信じたくないし、病院でひとりで怖がっているから会いたいと。優しい子です。こういう加害者家族の描き方も面白い。それで医者が奥さんにスペクターのことについて説明する。犯罪者だけど患者。

被害者のローズと加害者のスペクターが同じICUにいるのも凄い。ローズは家に刈ると言い出す。ケイティが病院にやってくる。

スペクターの子供はイジメとか保護者の懸念があって学校を休むように言われる。

被疑者が捕まっても裁判のために証拠を集めないといけない。しかも弁護に突っ込まれないやり方で。

意識が戻ったスペクターは2006年からの記憶が失われている。撃たれたんじゃなくて事故にあったと思っている(三途の川と現実がごっちゃになってる)これじゃ事件の証言ができないでしょ。そもそも自分が起こした殺人事件すら覚えていない。オリビアだと認識できない。サリーも年を取って見える。スペクターが涙をこぼす。

善良な一面を見せておいてからの、倉庫に隠してあった被害者についてびっしり書かれたノートが見つかって異常性が露わに。

このドラマは予想もしない展開になります。

« 仮面ライダーアマゾンズ2 第4話 QUO VADIS? デートに誘って殺されそうになる | トップページ | HOMELAND 6 第6話 「帰還」 キャリーはまたも命を狙われる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/65231680

この記事へのトラックバック一覧です: THE FALL 警視ステラ・ギブソン 3 第2話 「混沌」 スペクターの記憶が飛んでる:

« 仮面ライダーアマゾンズ2 第4話 QUO VADIS? デートに誘って殺されそうになる | トップページ | HOMELAND 6 第6話 「帰還」 キャリーはまたも命を狙われる »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト