2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« ブラタモリ 第80回 夏休みSP 長瀞(ながとろ) 川下りと思いきややはり地質 そしていつにも増して前のめりなタモリ氏。 | トップページ | NHKスペシャル ディープオーシャン「超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦」 ヨコエビ凄い »

2017/08/21

おんな城主 直虎 第33話 嫌われ政次の一生 最後までたばかれた

スイーツ大河を突き進むのかと思ったら、ここしばらく話がダークな方向になって面白くなってきて、今回は泣きました。

但馬にまんまと、たばられましたわ。

5話ぐらい前、寿桂尼(浅丘ルリ子)が死ぬ前に直虎は今川を裏切って徳川と内通しているから殺してしまえと命じるあたりから、アウトレイジみたいな話しになってきました。このあたりからまた面白くなりました。

それで直虎が今川に暗殺されないように政次が井伊谷を直虎から奪う。政次は面白い。

しかし近藤康用・鈴木重時・菅沼忠久の井伊谷三人衆が政次に騙され、出し抜かれたのを恨んで井伊谷を奪おうと、自分たちが井伊谷城の開城に行ったときに政次の手の者に襲われたと狂言をうち、家康に井伊谷を奪い取る口実にしようとする。井伊谷大ピンチ。

そして「嫌われ政次の一生」で、政次も井伊谷を直虎の手に取り戻すために捨て身の芝居もうつ。そこで近藤たちの策略に乗って自分が徳川と直虎を欺いていたフリをするために、近藤を襲ってわざと捕まる。
結果政次は磔になる。直虎は政次の本懐は皆に嫌われ続けて井伊を守ることだと知り、その望みを遂げさせてやるために真っ先に槍で政次を刺した。
この政次はロンギヌスの槍で刺されて死んだイエス・キリストではないですか。

しかもこの最後の展開はお互いに話を合わせていたわけでなく、お互いの望む結末をおもんばかって(本当の意味での忖度)刺し殺す。まさかの展開。スイーツ大河で主人公は戦わないかと高をくくっていたら、最愛の政次を刺すとは。

大河の恋愛ドラマに泣きました。

地獄へ落ちろ、小野但馬。ようも、ここまで我を欺いてくれたな!遠江一、日の本一の卑怯者と未来永劫語り伝えてやるわ!

但馬の口から血が吹き出る。直虎の白い頭巾にちょっとかかっているのが絶妙。

笑止!未来など、もとより女子頼りの井伊にあると思うのか!生き抜けるなどと思うておるのか。家老ごときにやたすく謀られる愚かな井伊が。やれるものなら、やってみよ!地獄の底から・・・見届け・・・

やれるものなら、やってみよ!で号泣ですよ。政次は本懐を遂げました。

但馬にまんまと、たばられましたわ。

この5話くらい作り直したら映画になりますわ。
高橋一生がインタビューで政次は実は嫌われていないという話をしてます。

龍潭寺に行くと、小野家代々の墓は直虎と同じところに建てられています。もうそれだけで小野家が心底嫌われていたわけではなかったことが一目瞭然なんです。

確かに。

龍馬伝の武市半平太が死ぬ時以来の名シーン。
遅ればせながら高橋一生が出ているカルテットもシュールで面白い。脚本の人はJINを書いた人なんですね。
 

« ブラタモリ 第80回 夏休みSP 長瀞(ながとろ) 川下りと思いきややはり地質 そしていつにも増して前のめりなタモリ氏。 | トップページ | NHKスペシャル ディープオーシャン「超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦」 ヨコエビ凄い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

高橋一生さんのファンで、おんな城主直虎を毎週見ています。
おんな城主直虎、高橋一生さんの出番は嫌われ政次の一生の回で終わってしまったけれど、本当に感動。
政次は直虎のために嫌われものの嫌われ政次を演じていただけで、本当は真っ直ぐで正直な人だったと思うんです。
私香菜子も嫌われものの嫌われ香菜子の一生と言われることを恐れずに、自分の気持ちに正直に生きたいな、そう思いました。

香菜子嫌われ政次の一生に感動さん、どうもsun
本当に良い話でした。無理しない程度に常識に暮らしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/65692149

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 第33話 嫌われ政次の一生 最後までたばかれた:

« ブラタモリ 第80回 夏休みSP 長瀞(ながとろ) 川下りと思いきややはり地質 そしていつにも増して前のめりなタモリ氏。 | トップページ | NHKスペシャル ディープオーシャン「超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦」 ヨコエビ凄い »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト