2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事検索できます

最近のトラックバック

« スタートレック・ディスカバリー 第1・2話 このクオリティは映画 | トップページ | 十六世紀のヨーロッパ人は朝鮮半島を島だと思っていた »

2017/09/26

渡辺信一郎監督による「ブレードランナー ブラックアウト 2022」 その時、何が起こったのか

ブレードランナー2049のキーワードのひとつが「ブラックアウト(大停電)」。

どうしてこんなことになったのかがわかります。

リドリースコットが関係する映画はエイリアン然り、外伝ショートフィルムが面白いです。

カウボーイビバップとスペースダンディの渡辺信一郎が監督。

激しくブレード・ランナーで、ダンディじゃんよ。

これでスターウォーズローグワンみたいに長編作っちゃっていい!

トリクシーが慰安用だけど殺傷能力も有する「美女と野獣」。動きもブレード・ランナーでダリル・ハンナが演じたプリスそっくり。めっちゃカッコいい。最後に目に映る白い鳩がやばい。ロイ・バッティの死せる魂の解放と同じ。

レプリカントにも天国はあるのか。

あとレプリカントの侮蔑的表現も「レプリ」から原音の「スキンジョブ」になってます。2049の字幕はどうするんでしょう。

目にシリアルナンバーの刻印があるのもいい。レプリカントを見抜くのフォークトカンプフテストから始まり、常に「目」。

ブラックアウトはレプリカントのネクサス8型が「人間として生きるために」起こした。

過去を消し去るために核兵器を使うって言うストーリーは同じ渡辺信一郎監督作品「残響のテロル」みたい。ブレード・ランナーの世界観だと凄くしっくりいきます。

他にレプリカントの製造が再開された2036年の話(絶対服従のレプリカント)


2048年 正体を隠して生きるレプリカント

これと同レベルのクオリティ。渡辺信一郎は凄い。世界へ評価される監督。

   

« スタートレック・ディスカバリー 第1・2話 このクオリティは映画 | トップページ | 十六世紀のヨーロッパ人は朝鮮半島を島だと思っていた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

映画を観てから後追いで短編を観ました(ネタばれになるので今は感想は控えます)
アニメは音声が日本語のバージョンと英語のバージョンがあって英語版はエドワード・ジェームス・オルモス本人がガフの声をあててるんですね。

おじゃま丸さん、どうも
英語版はエドワード・ジェームス・オルモスが当ててるんですか!ガフの謎の言葉がハンガリー語のアレンジだそうですか(本人がハンガリーの血が入ってるとか)、ロケ地がハンガリーだとか。奇遇ですね。ガフがちょっと出てましたね。

本編を見てきました。大満足です。アニメ版を見てから映画を見た方がいいですね。
こんなフィリップKディックバリバリのネタのを大予算で作ったのがびっくりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタートレック・ディスカバリー 第1・2話 このクオリティは映画 | トップページ | 十六世紀のヨーロッパ人は朝鮮半島を島だと思っていた »