2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 映画「ダンケルク」は戦場が舞台の脱出/救出劇&陸海空の群像劇。  | トップページ | コードブルー シーズン3 第10話 最終回 緋山先生、デレる »

2017/09/17

ブラタモリ 第83回 高野山と空海 胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅と企業墓とシロアリの供養塔

前回に続いて高野山。水曜どうでしょうみたいに週マタギになっているブラタモリ。

高野山の総本堂、金堂の内陣にある胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅。曼荼羅には種類がいろいろあったのですね。高野山に企業墓があるとは。

前回のまとめ(段上伽藍までの参道には180基の町石が並び祈りの道になっている)のBGMが鉄血のオルフェンズ(次回予告に使っていたの)。ナイスチョイス。

死に際のオルガが「お前ら止まるんじゃねえぞ」っていうことですか。

壇上伽藍は空海が修行した場所で、奥の院は空海の御廟。
空海は1年中国に留学しただけで、密教のトップから外国人なのに跡継ぎに指名されて帰国する。そのスーパー出世具合、日本密教界の大谷翔平か。

高野山の総本堂、金堂の内陣(仏様が祀ってある場所)に飾られた胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅(ふたつ合わせて両界曼荼羅)。曼荼羅には種類がいろいろあったのですね。

仏教の世界観は言葉じゃわかりにくいから図示したものが曼荼羅。

胎蔵界曼荼羅は物質の世界、物質的な広がりを表す。大きなエネルギーがあって四方に広がっている。タモリ氏の原子核とその周りを回る電子というのもなかなかわかりやすいです。
金剛界曼荼羅は金剛界は精神の世界を表し、世界が(囲の字みたいに)九つに分かれていて、反時計回りに回って執心に至る。

この2つが揃って宇宙の真理を表す。色即是空 空即是色ですな。真逆の理屈が共存するという考え方。「善は急げ」「急がば回れ」と「急いては事をし損じる」が両立するのがこの世界。

と言われてもなんだかよくわからないので、高野山は胎蔵界と金堂界を体感できる形に再現している。慈尊院から根本大塔(壇上伽藍)までが胎蔵界。

高野山の麓にある慈尊院から根本大塔まで180の町石が胎蔵界の仏様。

壇上伽藍から奥の院までが金剛界。まったくもってテーマパークですな。

壇上伽藍から奥の院までの参道にまた町石が36基建っている。

長い道を通るというのが大事なんでしょう。

奥の院までの1.5kmの道の間に30万も墓や供養塔ある。密集率日本一でしょうな。

供養塔と町石は五輪塔の形をしている。五輪塔は宇宙を構成する地水火風空という5つの要素(五輪/五大)を表している。
仏教は宗教なのに「宇宙の成り立ち」を祀る。(「地水火風空」は大日如来のシンボルでもある)。

皆、空海のもとで眠りたいと思うので、大名(薩摩島津、加賀前田、武田、北条、上杉等々)から鶴田浩二の墓まである。上杉謙信(&景勝)は石の供養塔じゃなく木造の廟建築。一般人の五輪塔もたくさんある。

そしてお釈迦様の入滅から56億7千万年後に弥勒菩薩が地上に再臨する。再臨する場所のひとつが高野山で、弥勒菩薩の言葉を人間に伝えるために空海も再臨する。だから56億年7000万年後のための場所取り。

話が1億2千年前から愛してる創聖のアクエリオンみたいです。

企業の墓やフグの供養塔、さらにはシロアリの供養塔がある。「一寸の虫にも五分の魂」の日本人らしいです。シロアリも56億年7000万年後に弥勒菩薩の降臨に立ち会うのですね。

空海に供える御膳はパスタとか焼きそばもあるのか(精進料理だけれども)!パスタに卵を使わないとうどんじゃないのでしょうか?

空海(弘法大師)24歳の学問を捨てて仏門に入る決意をした決起文が今も高野山に残っている。まあ長い。

「弘法も筆の誤り」がないとかと聞く、近江アナ。大好きです。


« 映画「ダンケルク」は戦場が舞台の脱出/救出劇&陸海空の群像劇。  | トップページ | コードブルー シーズン3 第10話 最終回 緋山先生、デレる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あれ、「急がば回れ」と「急いては事をし損じる」は同じ意味なような(笑)
色即是空の区切り方は「色即、是空」じゃなく「色、即是、空」なんですね。適当に検索したら色即是空は正しいけど空即是色は語呂がいいので適当に付け足しただけで正しくないという意見があってたしかにそうかもと思いました。(空即是色だと人が認識できないものは存在しないってことになるような)

おじゃま丸さん、どうも
確かに同じ事でした。直しておきました。
色即是空空即是色は二律背反を示しているんだと思います。二律背反を是とする。

色を欲と考えるとわかりやすいのですが、実際はものと考える方が空即是色の意味はとおりやすいと思います:

コトバンクから

色即是空=この世にあるすべてのもの(色)は、因と縁によって存在しているだけで、固有の本質をもっていない(空)

空即是色=この世のすべての事象は,永遠不変の本質をもつものではなく,すべて空であり,また,空であることがこの世のすべての事象を成立させる道理である=

世界にものは存在しないけれども、そのなにもないという道理の上に世界が存在すると。

ヒッグス場(ヒッグス粒子)は質量ではない。しかしヒッグス場があることで物質に質量が生まれる。さらにヒッグス場の影響を受けない光子も質量がないけれどもまた宇宙の構成要素。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ダンケルク」は戦場が舞台の脱出/救出劇&陸海空の群像劇。  | トップページ | コードブルー シーズン3 第10話 最終回 緋山先生、デレる »