2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« ブラタモリ 第85回 高知 ~高知の町は なぜ龍馬を生んだ?~ 土佐史談会のひとがいいじゃないですか | トップページ | ねほりんぱほりん シーズン2 少年院経験のある夫婦、消せない過去の戦い 相変わらず深いところに手を突っ込みますな »

2017/10/03

スタートレック ディスカバリー 第3話 今すべきこと 予想以上にダークな展開

反逆罪で終身刑になったマイケルがどうなるとディスカバリー号の乗員になれるのか。それがこの第3話。

予想以上にダークな展開。

マイケルや他の囚人を輸送していたシャトルが電気を食べる宇宙生物に寄生されて死ぬか生きるかのところでディスカバリー号に救助される。

保安主任のランドリー中佐はバトルスターギャラクティカのオリジナルサイロンじゃないですか。艦長と肉体関係があるらしい。

副官はマイケルが副官を務めていたUSSシェンジョウで階級的にマイケルの下だったサルー。立場が逆転。危険な存在だと面と向かって言われる。

マイケルは救助されたのはいいけど、反逆者であり、旗艦ヨーロッパを沈め、クリンゴンとの戦争を始めた張本人として疎まれてるじゃないか。これだけ嫌われているスタートレックの主人公もいません。今までのスタートレックとずいぶん変えてきました。

マイケルは格闘技の達人。囚人三人で襲ってきたのに倒した。一人を殺そうとしたところをランドリーに止められる。そして艦長室に呼ばれる。クリンゴンと惑星連邦の前線を恒星地図で示している。マークだけでクリンゴンとわからせるあたり素敵です。

ロルカ艦長はなかなかのくせ者。囚人となったマイケルと自分の船での任務のために使う。その実験がワープよりも早く宇宙を瞬間移動できるネットワークの構築。その実験で姉妹艦のUSSグレンのクルーがグニャグニャに変形して死んでるじゃないですか。

これは銀河をつなぐ血管や筋肉みたいなもの(量子レベルの生物的なもの)を利用するそうな。

これはイベントホライズンみたいにおどろおどろしい実験なのでは。

イベントホライズンみたいにUSSグレンの艦内に獰猛な生物がいましたし。好戦派のロルカ艦長はなぜあれを捕獲したのか。そもそもなんなのか。




マイケルの同室になるシルヴィア・ティリーがどうも面白キャラらしいです。これまでの面白キャラは異星人ばかりでしたが、ディスカバリーはそれが人間。

ロルカが自分の下で働くようにマイケルを説得するときに言った言葉

Universal laws is for lackeys. Context is for Kings

常識とは下僕のためのもの。王たる者は状況で動く。

(字幕:常識にとらわれず、目の前の状況を支配するんだ)

カッコいいセリフですな。

そしてダメ押しの、自分で始めた戦争を自分の手で終わらせたくないか。

囚人を乗せたシャトルがディスカバリー号を離れた時、サルーの後頭部にある器官が逆立つ。あれは喰われる種族として生きてきた彼らの危険を察知する器官なのでしょうか。

ディスカバリー号に待っているのは明るい未来じゃないかも。

でもそこがいい。

もうすぐウォーキング・デッド8が始まります。


« ブラタモリ 第85回 高知 ~高知の町は なぜ龍馬を生んだ?~ 土佐史談会のひとがいいじゃないですか | トップページ | ねほりんぱほりん シーズン2 少年院経験のある夫婦、消せない過去の戦い 相変わらず深いところに手を突っ込みますな »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

スタートレック ディスカバリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ブラタモリ 第85回 高知 ~高知の町は なぜ龍馬を生んだ?~ 土佐史談会のひとがいいじゃないですか | トップページ | ねほりんぱほりん シーズン2 少年院経験のある夫婦、消せない過去の戦い 相変わらず深いところに手を突っ込みますな »