2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« ブラタモリ 第92回 岐阜 ~岐阜は 信長が夢見た“平和の都”!?~ | トップページ | ねほりんぱほりん ヘリコプターペアレントはプチ監視社会 »

2017/12/10

ブラタモリ 第93回 彦根 ~なぜ 家康は“彦根がイイ”と思った?~

近江アナがひこにゃんの登場でテンションマックス。見ているこちらは足軽屋敷でテンションマックス。

彦根城のガイドさんはなんとなく彦根出身かと思わせておいて、実は九州出身だったと方言でばれるまるでスパイ映画のような展開。

ひこにゃんは走るときに両手を後ろに伸ばして可愛くみせる。あざといが許す。

彦根城から1kmちょっとしか離れてないところに石田三成の佐和山城があったのか!大河ドラマとかだと佐和山城がある時代に彦根城がないので知らなかったです。精進が足りませぬ。

彦根城は江戸時代の天守が残っていて、宝に指定されてます。

ウィキペディアを見たら、明治に入って廃城令が出たけれども、明治11年10月に明治天皇が巡幸で彦根を通過した際に城の保存を命じたため破却は逃れたそうです。

ガイドさんが城の石垣の解説で兵士が展開できるくらいのスペースがあるという話をしていたら、軽トラックが離合できるくらいの広さがあると言う。そこにタモリ氏と近江アナが反応。

出身、九州でしょ?

スパイ映画でふとした言い回しから正体がばれてしまうような展開。

トータルリコール(1990年)のこれとか。



九州ではすれ違いを離合というのですね。すれ違いロンリーナイトは離合ロンリーナイトになるのでしょうか。

ガイドさんが彦根城で一番興奮するのが天秤櫓のあたり。確かに敵を一兵も通さないという日本一の仕掛け(防御策)が施されている。

城内への一口近くに集中砲火を浴びせられるように郭を設け、山の斜面を切り崩して谷を作り、城と廊下橋でつないでいる。

いざという時は橋を落として孤立する。スイスの国境線の橋みたいです。

江戸時代、彦根城の北には琵琶湖につながる内湖があった。これが彦根城の天然の入り江になった。船でないと北側から攻められないし、お米も城に運び込める。水城というものですな。

彦根藩があった近江国の戦国時代の米生産量は日本第2位。第1位は陸奥国。どっちも意外です。

江戸時代の庄屋はただの裕福な農家かと思ってましたが、意外と村の住民にかかわる仕事が多く、辞めたいと藩主に願い出た手紙が残っている(副業の米を運ぶ仕事は続けたかった)。しかし却下される。

彦根城の南側は支流が多い湿地帯が広がっていたが、築城にあたって流れを真っぐにして、あたらにできた土地に足軽屋敷を設けた。

足軽長屋じゃなくて足軽屋敷彦根の足軽は京都の防衛も担っていたので待遇が良かった。なるほど彦根城は大事です。ある意味、在日米軍基地の兵士みたいです。

しかし平和が続いたので足軽は戦うことはない。屋敷の覗き窓から周りを24時間監視して町のお巡りさんのような役割を務めた。鉄砲の訓練もしながら下級官僚として働いた。

タモリ氏が「鶴甁に乾杯」のポスターを発見して、

鶴甁が売り物の偽の人間性を発揮しながら(進める)、偽善芸の極致。


この話は何度聞いても笑ってしまう。

さだまさしの曲がそれに輪をかけます。

彦根は仏壇作りが盛ん。どうも甲冑造りから転換したようです。漆を塗るし、金具や金箔も使う。甲冑造りと似てるわけですか。

金箔貼り(厚さが1万分の1ミリ!)はさすがのタモリ氏でも難しい。

大河に絡めて「イイ」を連呼する彦根の回でしたが、直虎は相変わらずのタイトルがふざけてますが(その勢いやよし)、後半に入ってから面白い。徳川信康が切腹する回は泣けました。

エンディングにも写ってましたが彦根と言えば近江牛!


« ブラタモリ 第92回 岐阜 ~岐阜は 信長が夢見た“平和の都”!?~ | トップページ | ねほりんぱほりん ヘリコプターペアレントはプチ監視社会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

動いているひこにゃんを初めて見た気がしますが確かにかわいいですね(^^)
タモリ倶楽部で芸人があれだけイイを連呼したらタモリは「うるさいよ!」とキレると思うのですがNHKなので空気読んでましたね(笑)
離合のくだりは面白かったです。近江アナは四国出身だけど九州に赴任してたことがあるんですね。
庄屋を辞めさせてくれと願い出たヘタレなご先祖様を「人望があったんですね」とフォローしてるのも可笑しかったです(笑)

おじゃる丸さん、どうもsun
愛のあるうるさいよ!ですね(笑)。
ひこにゃんのコミカルな動きにタモリ氏もほっこりです。近江アナは九州にいたので離合を知ってたんですね。町内会の会計やってますが、会長は辞めたいと言ってます。庄屋さんもなかなか大変なんだと思います。しかし儲かる海運業は続けたいってのは確かにヘタレです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/66142829

この記事へのトラックバック一覧です: ブラタモリ 第93回 彦根 ~なぜ 家康は“彦根がイイ”と思った?~:

« ブラタモリ 第92回 岐阜 ~岐阜は 信長が夢見た“平和の都”!?~ | トップページ | ねほりんぱほりん ヘリコプターペアレントはプチ監視社会 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト