2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 西郷どん なかなかいい発進 シリーズ 人体 若さの秘訣は骨。 | トップページ | ブラタモリ 第95回 宝塚 なぜ娯楽の殿堂に? 答えは流れるプールではない »

2018/01/12

ねほりんぱほりん 腐女子登場! BL脳内というパンドラの箱を開けて YOUが覚醒。

腐女子のBL妄想(まぐあい)をブタの人形で表現することでクレームを回避する姿勢、素敵です。

引き地味の貯金10億円(推定)芸人山里を尻目に、腐海へ飲み込まれていくYOU。

責めて責めて掘りまくる(意味深)
ねほりんぱほりん。

やばい脳内を開けてしまうのか。

冒頭の腐女子の説明で、(なぜか社内で)ブタ部下にブタ上司はワイシャツを脱がされて首筋にチューされる。

ぶた人形のつぶらな目が天井を見る感じが、逆にエロい。

腐女子が年を重ねると貴腐人(きふじん)になり、さらに年を重ねると汚超腐人(おちょうふじん)になるとか。

40代の腐女子の方の服がすごくリアル。

男性と女性の恋愛は駄目ってのは面白い。月9恋愛ドラマはどうなのかと聞かれて、あり得ないというブタ腐女子の表情(笑)。苦虫を噛みつぶしたようとはまさにこのこと。

男性同士の関係性のMAXがエッチ。行為に達するのは「尊い」んだそうな。

BLは心のオナニー。

同じ40代の腐女子の方、妄想の対象が80年代の刑事ドラマ(太陽に吠えろ、西部警察、あぶない刑事)の寺尾聰、舘ひろし、柴田恭兵って、あれをカッコいいなと見ていたこちらは頭をかち割られた気分。

曇りガラスの向こうはルビーじゃなくてBLの街か!

舘ひろしと柴田恭兵がお互いのことを助けながら犯人に立ち向かうに眼福。目に正月。

BLの原理、人は愛が原動力。

桃太郎すら妄想の対象に。

鬼はやんちゃな受けで、桃太郎が正義感押しつけ系の攻め。

ヤックデカルチャー!これが文化か!リンミンメイの歌を聴いて発狂するゼントラーディ軍兵士の気分です。

遠くの鬼ヶ島で暴れている鬼をわざわざ旅をして俺の正義を押しつけに行く。俺好みになりなよ押しつけて殴って。

YOUが悪のり。

何だったら、桃が流れてきて割る時点でちょっとシモじゃん。


民俗学者柳田国男先生もびっくりです。

唐揚げとレモンはレモンから誘っていく襲い受け。相撲の技か!

襲い受けは受けになる方から攻めに(僕を抱いてよと上に乗っかる感じ)転じる。

見つめ合うだけで手が届かない天井と床はプラトニックラブ。

日本の美の集大成、書院造りをそういう目でしか見れなくなります。

トヨタとマツダの資本提携すら、妄想の種に。

東京駅はめちゃくちゃ受け。

新幹線も入ってくるんですよ。そんないっぱい乗り入れしやがって、

この淫乱駅め!

日本は腐海に飲み込まれている(褒め言葉)。

腐女子は腐女子じゃないふり(擬態)をして世の中で生きている。

ストーカー被害に遭ってBL傾向が強くなる場合もあると。(でも男性に興味がないわけじゃないからBLなんですかな)

BLは自分が介在しないから楽で良い。そう言われるとすごく理解できます。

BLをダメだと言う評論家はどうかしてると思った。

全体的にポジティブな腐海で面白かったです。

YOUがオリエンタルラジオの藤森と中田でBL妄想を語り出す。完全に腐海に呑まれました。


« 西郷どん なかなかいい発進 シリーズ 人体 若さの秘訣は骨。 | トップページ | ブラタモリ 第95回 宝塚 なぜ娯楽の殿堂に? 答えは流れるプールではない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は高校生の時に某RPGの同人誌(全年齢対象)を買って読んだことがあるのですが、あの頃のBLは「やおい」と言われており、メジャーどころだとジョジョ、聖闘士星矢、キャプテン翼等がそれらの対象になっていました。

さらに時が流れ、腐女子という言葉が浸透し、NHKに降臨。すごいです。

福山雅治の「恋とか愛とか攻めとか受けとか~」「触るな!」(聖域)など、BGMが絶妙でした。
しかし非生物でもBL化してしまう腐女子の妄想力恐るべし。
東京駅が淫乱駅。もうそういう目でしか見られなくなりそうで怖いです。
いろいろ勉強になりました(笑)

大河ドラマにBLをぶっこんだ「平清盛」(頼長家盛)は尊いということでしょうか。

ぽよっぽさん、どうも
確かに以前はやおい(やまなし、おちなし、意味なし)って言われてました。ジョジョまでも腐海の毒に。「誰でもいいのね!」って感じです。あっぱれです。

BGMがタモリ倶楽部みたいに歌詞を被せてきて吹きました。擬態のところの石川さゆりもオツでした。

BLの妄想は深いですね。関係性のこだわりが凄まじい。世の中の無生物がすべてオスっていう世界観。ほんとハーレムです。

平清盛のあのシーンは尊いでしょうね(笑)。山本耕史の肩でもはだけようものなら、あな尊し~!でしょうね(爆笑)。それはそれで見たかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 西郷どん なかなかいい発進 シリーズ 人体 若さの秘訣は骨。 | トップページ | ブラタモリ 第95回 宝塚 なぜ娯楽の殿堂に? 答えは流れるプールではない »