2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

記事検索できます

最近のトラックバック

« ねほりんぱほりん ホストに貢ぐ女 風俗嬢からホストへの金融緩和 | トップページ | ウォーキング・デッド8 第10話 「託された手紙」 苦悩するリック 破滅するジェイディス »

2018/02/26

ウォーキング・デッド8 第9話 「夢」 情けは怒りに勝る

どう書こうともネタバレになってしまう。 本当に泣けます。
未来のイメージはなんだったのかわかります。

短く。
カールが死んだ!!!

シーズン1から大きくなったカールが死んでしまうのは正直ショックが大きいです。それはないだろうと、直す薬はないのかと思ってしまいます。


セディクを助けようとしてウォーカに噛まれ、死を悟ったカールはアレクサンドリアに戻ってリックとかミショーンとかに遺書を書く。

泣けてきました。

BGMの曲もいい
「死が俺たちを神へと戻す」

タイリースと同じように静かに死んでいくのですね。大人です。

ジュディスと写真を撮る。ここで号泣ですよ。お兄ちゃんはこんなヒトだったんだよと。

死ぬ間際にリックに昔の優しいお父さんに戻れると言う。敵を殺さなくても仲間になれると説く。僕には見えるみんなが平和に暮らす姿が。

シーズン前半で出てくる未来のイメージはカールのだったのですね。

死に行くカールが聖人に見えます。
シーズン8はずっとモヤモヤしてましたが、これはカールを綺麗に死なせるための花道だったと。

リックはどうするのか?カールが夢に見たようにニーガンと和解できるのか。王国のギャヴィンはヘンリー少年に殺されてしまったので報復もあるだろうし。

情けは怒りに勝るのか?

子供に殺しを覚えさせてはいけないとうのは、アメリカの最近の銃乱射事件を反映した作りになってるようにも思います。

シーズン8第9話はウォーキングデッドの中でもトップランクに入ります。

ウォーキング・デッドを見ていると伊坂幸太郎の小説を読んでいて覚えるムカツキみたいのがあります。

« ねほりんぱほりん ホストに貢ぐ女 風俗嬢からホストへの金融緩和 | トップページ | ウォーキング・デッド8 第10話 「託された手紙」 苦悩するリック 破滅するジェイディス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ウォーキング・デッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキング・デッド8 第9話 「夢」 情けは怒りに勝る:

« ねほりんぱほりん ホストに貢ぐ女 風俗嬢からホストへの金融緩和 | トップページ | ウォーキング・デッド8 第10話 「託された手紙」 苦悩するリック 破滅するジェイディス »

翻訳しました

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト