2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« ウォーキング・デッド8 第10話 「託された手紙」 苦悩するリック 破滅するジェイディス | トップページ | ウォーキング・デッド8 第11話 「捨て身」 誰がヘンリーの兄を殺したのか? »

2018/03/11

ブラタモリ 第98回 鹿児島 ~なぜ鹿児島は 明治維新の主役となれた?~ すべてはシラス

もうすぐ近江アナのブラタモリも見納めか!

今回の島田洋七ににたガイドさん良い味だしてます。

なぜ幕府を打倒できたのか?

関ヶ原の戦いで敗れた島津が江戸時代に行った国造りこのが明治維新の原動力になった。

その代表が鹿児島の鶴丸城。鹿児島の有名な城と聞かれて鶴丸城と答えるタモリ氏。恐るべし。ちょっと知ってることをタモリ氏に答えられてびっくりするガイドさんの気持ちがちょっとわかりました。

鶴丸城は掘りは幅も短く、浅い。二の丸と本丸しかない。天守閣もない。加藤清正が造営した超時空要塞、熊本城に比べてお粗末(失礼)。大大名島津の居城なのにこんなに守りが甘くていいのか。

大丈夫!本丸の裏に標高180mの断崖絶壁の山がある。その名も城山。

この山にはいざ戦いになったときに籠城するための曲輪(くるわ)が設けられていたとガイドさん。

タモリ氏、元々は山城で後から下の平地に城を築いたと言い出す。そっちも行ける口ですか。

地質のガイド、大木公彦・鹿児島大学名誉教授の好きな薩摩藩士は町田久成。知らないですよ。町田久成は日本初の博物館を作った人で、後年住職になったとか。

城山を構成しているのはシラス。近江アナが火山灰と言う(中学校でそう習った気がします)。タモリ氏つかさす、シラスは火山灰というより、火砕流堆積物ですよね。


なんだこのヒトはコペルニクスか。ずっと騙されていた!

この膨大な火砕流はどこから来たのか?姶良カルデラとタモリ氏。鹿児島湾そのものふが姶良カルデラ

2万9000年前、姶良火山が爆発して東京ドーム12億個分の火砕流が大地を覆い、熱と圧力で固められたのがシラス。場所によっては厚みが100mもあるとか。鹿児島県の50%がシラス台地。

シラスって圧力を加えるとボロボロになって落雁みたいです。

島津が領内支配と防衛のために城を領内各地に配置する外城制(とじょう)を確立した。この外城は多くがシラス台地の上にある。シラス台地があるから外城制を実現できたと。

シラス台地である鶴丸城の山の麓には水が湧く。シラス台地は水を通しやすいが、山の麓に水を通しにくい粘土層(城山総)があるので、城山は水に困らない!シラス台地は保水性も高い。これは干ばつに強い!

こういう話は大好物だ!

鹿児島の路面電車はウネウネ曲がる。電車は江戸時代の海岸線を走っていた。島津は江戸時代に海岸線を行って城下町を拡大していた。

海岸沿いの城下町に商人を住まわせ琉球を通じて中国と密貿易を行って大きな利益を上げ、それが明治維新への軍資金となった!幕末には50万両、藩年収の3年分も蓄えていた。西郷どんでは農民が困っていたけどね。

今は鹿児島最大の歓楽街、天文館はかつて武士の居住地だった。甲突川の流れを変えて城下町を広げ、5万人を住まわせた武士を。薩摩藩は全人口の4人に1人が武士だった。北朝鮮以上の軍事強国じゃないですか。

西郷隆盛の曾孫さん、ダンディ。

「きつね馬」は島津斉彬の弟・久光が無能に描かれている司馬遼太郎の話。

« ウォーキング・デッド8 第10話 「託された手紙」 苦悩するリック 破滅するジェイディス | トップページ | ウォーキング・デッド8 第11話 「捨て身」 誰がヘンリーの兄を殺したのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱりなんでも地形が原因だとこじつけるブラタモリ(笑)
大河は見てないので西郷隆盛と聞くと食の軍師の主人公が言ってた「サイコー隆盛」って駄洒落を思い出す私です。
船越英一郎が崖に詳しいっていうタモリのジョークが理解できなくて困り顔の近江アナがよかったです(その後ちゃんと説明してたけど、あのまま説明せずに置いてきぼりでもよかったようなw)
シラスをdisるやつは許せない!ていう地質解説の先生もおもしろかったですねw
東京ドーム12億個分って多すぎてまったくイメージが湧かないので別のもので例えたほうがいいんじゃないかと思いました(笑)

むしむし師さん、どうも
薩摩がなんでもシラスなら、北海道は木彫りの熊でしょうかね。(地形?)
>食の軍師の主人公が言ってた「サイコー隆盛」
西郷どん見ているので上書きされてしまいました。
同じ監督(宝来忠昭 )の紺田照の合法レシピもなかなか面白いです。

>船越英一郎が崖に詳しいっていうタモリのジョークが理解できなくて困り顔の近江アナがよかったです
20代にはもうわからないネタなのですね。肝に銘じておきましょう。

>シラスをdisるやつは許せない!ていう地質解説の先生もおもしろかったですねw
今回のガイドさんは当たりの回でした。

東京ドームも船越英一郎の崖と同じで巨人戦が全国ネットで放送されていた名残かと思いました。今ならなんでしょうかね。ダンプカーの方がわかりやすいかもしれません。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキング・デッド8 第10話 「託された手紙」 苦悩するリック 破滅するジェイディス | トップページ | ウォーキング・デッド8 第11話 「捨て身」 誰がヘンリーの兄を殺したのか? »