2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 忘却のサチコ 第2歩 まったく元彼を忘れられないのが面白い | トップページ | ウォーキング・デッド9 第2話 「復興の道」 第3話 「AまたはB」 怨嗟の連鎖 »

2018/10/27

忘却のサチコ 第3歩 空気読めない新人、小林君登場

スパイシーカレーから四川料理の刀削麺

小林君がサチコの前で冷蔵庫ドン!

何を取り出したかと思えば「いきなり団子」。レンジでチン!

小林君の教育係を任された「素人童貞」大野はサジを投げてしまい、「厄介な中年の恋愛」に浸ってるらしい編集長は劇薬のサチコを投入。

大野君の僕だって忙しくて手が離せないの新人だからって電話に出ないといけないというごもっともな釈明に、サチコさんは

忙しいのは皆、同じです。忙しさを理由にするのは自らを無能だと宣言しているのに等しいかと。

ド正論。大野が無能なのか。

そんなサチコも小林君にはイラッとくる。それを癒やすために屋台のスパイシーカレー。

サチコと小林君で巨匠有村忠雄に執筆を頼むが、巨匠はやる気なし。小林君は巨匠の小説は難解で若者には受けないとか言い出す始末。

巨匠がジョン・レノンにとってのオノヨーコみたいにミューズがいないと執筆の意欲がわかないとジョン・レノンに化ける。まったくわからなかった!吉田拓郎かと思ったですよ。

小林君と巨匠が別れたことを引きずる粘着系の女は恋愛経験が少ない女だと意気投合。サチコがまた俊吾さんモードに突入。サチコがひきずるのはいけないことでしょうかと小林君に聞くと、小林君が今度はド正論。

好きじゃないから別れたんです。なのに追いかけてくるのは迷惑ですよ。

サチコと小林君の立場は逆転しました。

辛いサチコは迷惑な女と思われたくなくて俊吾に電話もできず、辛い刀削麺に逃げる。

辛い時ほど辛いものを!

噴き出す汗につられて、いろいろなモヤモヤが流れていく。

サチコさんは男子かな。

小林君はサチコに感服し、サチコが一番触れられたくない結婚式で新郎に逃げられたことを知ってか、サチコの机の上に「いきなり団子」を置いて帰る。

団子に貼れた付箋には「頑張ってください」

サチコ、当惑。

「なにを頑張ればいいんでしょう?」

新人か!


« 忘却のサチコ 第2歩 まったく元彼を忘れられないのが面白い | トップページ | ウォーキング・デッド9 第2話 「復興の道」 第3話 「AまたはB」 怨嗟の連鎖 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/67317631

この記事へのトラックバック一覧です: 忘却のサチコ 第3歩 空気読めない新人、小林君登場:

« 忘却のサチコ 第2歩 まったく元彼を忘れられないのが面白い | トップページ | ウォーキング・デッド9 第2話 「復興の道」 第3話 「AまたはB」 怨嗟の連鎖 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト