2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事検索できます

最近のトラックバック

« 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星編 雷鳴に魂は還る | トップページ | チャンネルはそのまま!HTBがんばった! »

2019/03/18

いだてん 11話までは宮藤官九郎版「坂の上の雲」

忙しくて長らくオンタイムで見られませんでしたが、ようやく追いつきました。

はっきりいいましょう。傑作です。

なんでピエール瀧はドーピングで捕まっちゃったかな!

なんでこんなに面白いのに視聴率が上がらないのか。戦国時代でもないし、戦いもないからでしょう。敵がいない大河ドラマ。いままでずっとゾンビ系ドラマをやっていたのに、突然ゾンビが出なくなったら、それは視聴率減るでしょう。ドラマとしては実に良いです。

宮藤官九郎は奇をてらうのが持ち味でしたが、「いだてん」は三谷幸喜ぽいです。

「坂の上の雲」のクライマックスは日露戦争の戦いですが、「いたでん」の11話までは日露戦争に勝利した日本人が初めてオリンピックに出場するまでの話です。

「坂の上の雲」の日本は文明開化したばかりで欧米列強に追いつこうと必死にがんばる日本人青年たちが主人公です。

「いだてん」も10話までは体格で欧米人に劣っているのにオリンピックに出たら恥をかくと欧米に留学してきた人たちは言うし、国民もスポーツにまだまだ理解がないなか、オリンピックの日本初出場に向けていろんな人(特に治五郎センセイ)奮闘する話で、スクールウォーズの時代からスポーツドラマと逆境の相性は抜群です。

金栗四三が羽田の十里のマラソン大会で優勝するのを最初に持ってきたのは正解でしょう。もう一度、同じシーンになったときに、そういうことだったのかとぐぐっときました。病弱だった子供の金栗四三は嘉納治五郎に抱っこしてもらえかなかった、けれども体を鍛えるために走りながら学校に通って、やがて羽田のマラソン大会に優勝して、治五郎センセイに抱っこしてもらえたという。良い話ですよ。

しかし金栗四三はオリンピックに行きたくても金がない。そうしたら走るのなんか意味がないと言ってた兄が田畑を売ってでも渡航費出してやると言い、スヤが嫁ぎ先の庄屋から資金を出してもらうとか。好きだった男子のために金を工面するなんて泣けるじゃないですか。

一方、お金持ちの「痛快男子」三島弥彦は日本では短距離走で向かうところ敵なしで、一度は負けてみたいとか生意気なことを言っていたのに、いざストックホルムに着いたら、、欧米選手との圧倒的な差を見せつけられ、国を背負って来ているのにどうにもならんと大きすぎるプレッシャーで引き籠もってしまう。夏目漱石もイギリス留学して引き籠もってしまいました。留学生あるあるですね。自分も留学していたのでよくわかります。

英語もよく喋れない金栗四三が欧米選手と打ち解け、マスコミにも取り上げられるのに弥彦はほぼ空気状態。これはさすがにやってられません。死んでやろうと思うのもわからんではないです。

「素敵な選TAXI」の枝分さんみたいな面白キャラだった大森兵蔵が実は結核を患っていて、次のオリンピックまで生きていられない深刻な状況に直面していました。

そんな兵蔵が弥彦に本当の敵は欧米の選手じゃない、タイムだと言う。そこでまた弥彦は奮起して短距離走に出場します。結果は惨敗ですが、自己新記録をオリンピックで出しました。負けたけれども清々しい。万難を排して己の弱さや傲慢に勝つ、大和魂ここに極まれり。ほんとに良い話です。

惨敗したからこそ東京オリンピックに話もつながるわけですね。

出来の良いドラマなのでNetflixとかHuluとかで配信すればいいと思いますよ。

なのにピエール瀧はドーピングで捕まっちゃったかな!

ドーピングはいろんな人に迷惑をかけるという警告ですか!

ストックホルムオリンピックと東京オリンピックをつなぐのに古今亭志ん生を入れたのは名案ですな。

あと「西郷どん」で伊藤博文を演じていた浜野謙太が「いだてん」で同じ伊藤博文役で暗殺されるという演出も面白いです。

舞台セットが凄い。

« 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星編 雷鳴に魂は還る | トップページ | チャンネルはそのまま!HTBがんばった! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いだてん 11話までは宮藤官九郎版「坂の上の雲」:

« 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星編 雷鳴に魂は還る | トップページ | チャンネルはそのまま!HTBがんばった! »

翻訳しました

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト