2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« ねほりんぱほりんで香港のデモに参加していた香港人学生が登場 | トップページ | 阿佐ヶ谷姉妹ののほほん日記 木村多江と安藤玉恵に主演女優賞を挙げたいくらいの再現率 »

2021/11/12

歴史探偵「ハードボイルド!」応仁の乱という世紀末伝説

NHKの歴史探偵「ハードボイルド!」応仁の乱。ハードボイルドを超えて北斗の拳のような修羅の世界でした。実に分かりやすい!

足軽という民兵の登場が応仁の乱を長引かせ、京都を破壊し、戦国の世を作ったと言っても過言でじゃない。槍の登場によって戦闘は一変、それまで剣術に励まないと戦闘員になれなかったのに、槍を持ったら3分で戦えます。それは足軽増えますな。まるでテレビのエキストラみたいです。

足軽っていう着眼点から見ると、応仁の乱最中の京都はもはや北斗の拳。足軽は手当をもらってない代わりに、略奪を許されているという、こんなの民間軍事会社も真っ青な集団です。タダで雇える戦力なんですから、戦いも長引くし拡大しますわな。京都が荒らされる→職にあぶれる人が増える→足軽志望者が増えるという無限ループ。(実は気候が悪くてふさくだったからとという可能性もあります)

その足軽を集めてたのが足軽大将。最初は北斗の拳の悪党どもの首領みたいな存在だったのですね。歴史探偵で紹介していたのが、骨皮道賢。こういうやばい人(逆を言えば大活躍)、大好物です。

こういう北斗の拳みたいな応仁の乱、マンガとかにならんですかね。

 

« ねほりんぱほりんで香港のデモに参加していた香港人学生が登場 | トップページ | 阿佐ヶ谷姉妹ののほほん日記 木村多江と安藤玉恵に主演女優賞を挙げたいくらいの再現率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

戦争・軍事関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ねほりんぱほりんで香港のデモに参加していた香港人学生が登場 | トップページ | 阿佐ヶ谷姉妹ののほほん日記 木村多江と安藤玉恵に主演女優賞を挙げたいくらいの再現率 »