2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« ディープな北海道弁を操る長野出身の父 | トップページ | ねほりんぱほりんで香港のデモに参加していた香港人学生が登場 »

2021/11/06

ブラタモリ「江戸の水〜江戸の水が東京を潤す?〜」

江戸が人口100万の大都市になったのは水運と水道を整備したからで、今回のブラタモリはそれを探る。最近のブラタモリは歴史と地形に回帰してよい感じです。なにが凄いって平地の地下に上水道を通し、ポンプのないのに水を行き届かせたシステムですよ。その肝が中継ポイントとしておかれた枡。枡と枡の間をつなぐパイプ(木樋)を枡に入ってくる側は低く、枡から出て行く側を高い位置にすることで、擬似的に高低差をつけ、枡に溜まった水が平地でも流れるようにしたわけです。

江戸の上水道整備には多摩川兄弟だけでなく、大久保主水、伊奈忠次・忠治親子も重要ですが、そこは「家康、江戸を建てる」を読むと面白いです。

 

 

« ディープな北海道弁を操る長野出身の父 | トップページ | ねほりんぱほりんで香港のデモに参加していた香港人学生が登場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ディープな北海道弁を操る長野出身の父 | トップページ | ねほりんぱほりんで香港のデモに参加していた香港人学生が登場 »