2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 岸辺露伴は動かない 第6話 六壁坂 一番幸せな時は | トップページ | ホット・ゾーン:アンスラックス 第1話が恐くて良い »

2022/01/02

浅草キッドはALWAYS三丁目の夕陽くらいの名作

なにがいいかといえば、昭和の人情。ビートたけしもいいけど、師匠の深見千三郎がまたねえいいんですよ。劇団ひとりはいいもの作りました。


柳楽優弥は特殊メイクをしてもしなくてもビートたけし。似てるけどものまね芸じゃない。人間たけしという感じがなんとも言えません。それでたけしの師匠、深見千三郎の大泉洋も凄くいい(生粋の江戸っ子かと思ったら実は北海道出身というのも大泉洋と同じ)。あと忘れちゃいけないビートきよし役のナイツ土田。俳優でなく、演技ができる漫才師をチョイスしたおかげで演技じゃない感じがします。俳優同士だと見ている側が演じてるなと思ってしまいますが、漫才師だとそれがない。大事なリアリティーだと思います。なにせ一人の若者が一人前の芸人なる話ですから。

あと踊り子の千春を演じる門脇麦も良いし、鈴木奈穂子もはまってます。すべての配役がかちっとはまってるドラマや映画はそうはないですが、これははまってます。

(以下ネタバレ)

ゴッドタンの劇団ひとりのキス我慢とかの泣かせるに来る話の集大成といっても過言じゃないです。泣かせるのはたけしというより師匠の深見。

大学をやめたしょうもないヘタレの若者のたけしがとりあえず芸人になりたくてコント芸人の深見が座長を務めるストリップ劇場フランス座に転がりみ、エレベーターボーイとか雑用係をやりながら、弟子にしてくれと深見に頼む。芸事もできないのに弟子にできるか馬鹿野郎って言う。この深見の馬鹿野郎が絶妙。台詞というよりリズム。弟子にしないと行ったのに、エレベーターに乗ったら、たけしに自分のタップを見せる。こういうのかっこいいです。舞台に出られなくなった弟子の代わりにたけしが急遽呼ばれて、女役と言うことで意気込んで変な化粧すると深見に怒られる。「他のところはしらねえ、でも俺のところでやりたいなら、笑われるんじゃねえぞ。笑わせるんだよ」粋ですねえ。

舞台上で右も左もわからずにオロオロするたけしを深見がうまくカバーして笑いに持ってく、それでたけしが変な芝居をして、ひとりの客がそれを笑うと、深見が注意する。「下手な拍手してくれるな、こんな下手な芝居で拍手したら、こいつがダメになっちまう」。その客が偉そうに何ってるんだ、なんなんだよお前と吐き吸てると、「芸人だよ、馬鹿野郎」

これはたけしも一生ついていこうと思いますよ。それから深見はたけしに笑いの一から十まで教える。でも時代はコントでなく漫才の時代。フランス座には人が入らなくなっていく。でも深見はテレビに出たくないし、ただ話してるだけの漫才も嫌い。時代に取り残されていく。コントの準備に励むたけしは踊り子さんにこの劇場にはあんたの笑いじゃなく、私たちの裸を見に来てると言われてしまう。思い詰めたたけしはきよしの誘いに乗ってフランス座をやめて漫才をすることに。結果、たけしは破門される。「笑わしてくれるじゃねえか、タケ。いつからそんな面白いこと言えるようになったんだよ」と深見が言うと、たけしが「師匠に鍛えてもらったんで」と返す。

まだ映画の中盤なのに泣けます。タイタニックが一回沈みましたね。

最初は受けなかったけども、毒舌漫才をはじめて人気が出始める。テレビの人に構わず好き放題やったら人気爆発、そして日本放送演芸大賞優勝。そこでもらった金一封をもってたけしは浅草の深見へところ行く。深見は芸人もフランス座をやめ、奧さんも死んじゃって、独り冷や酒飲んでいた。何しに来たんだよこの野郎と深見。たけしは深見にその金一封を渡す。やりましたよ師匠ってことですね。小遣いですよとたけしが笑うと、おちょくってんのか馬鹿野郎と深見。たけしは黙ってしまう。沈黙。そうしたら深見が金一封を取って中を数える。プライドはあるんでしょうけど、弟子の気遣いは無視しない。いい師匠です。数えてんじゃねえとたけしが笑う。二人は芸で会話するんですね。

たけしが師匠と一緒になじみだった居酒屋に行って、深見をネタに常連客を笑わせる。そして深見が店を出ようと席を立ったら、さっとハイヒールを出す。また泣かされたましたね。これは最初に深見がたけしを飲みに連れて行ったときに、席を立ったら師匠には履いてきた靴じゃなく、違う客のハイヒールを出すんだよと教えたアレじゃないですか。普段、ボケねえ野郎が舞台でぼけれるわけねえんだからよ、芸人だったらいつでもボケろ。師匠のリアクションに一同大爆笑。これは師匠には金一封よりも嬉しいはず。

深見が金一封から万札出してこれでこれで帰りなとたけしに渡す。たけしもこれは自分が渡した金でしょとつかさず拾う。深見がそれ、あまったら釣り返しに来いよって言う。良いですねえ。実に良い。

それで深見に気分良く家に帰って、たけしがやったよと死んだ奧さんの墓前に報告して深酒し、たけしがまた一緒にコントやりましょうなんていうからさ、これはウケるぞって。それは言ったらアカンやつですよと思っていたら、タバコに火を付けたまま寝てしまう。火事になって深見が亡くなる。大号泣。タイタニック10回沈んだくらい泣きます。

動画を確認しながら書いていたらまた泣けてきました。

最後のシーン、浅草のフランス座はビートたけしにとって心が還る場所なんだなと。そういうのがあるのはいいです。

« 岸辺露伴は動かない 第6話 六壁坂 一番幸せな時は | トップページ | ホット・ゾーン:アンスラックス 第1話が恐くて良い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸辺露伴は動かない 第6話 六壁坂 一番幸せな時は | トップページ | ホット・ゾーン:アンスラックス 第1話が恐くて良い »