2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 2022年6月 | トップページ

2022/07/24

ガンダム Gのレコンギスタの劇場版I~III 新たなるガンダム表現

ククルス・ドアンの島も面白かったです。昔のガンダムを大人でも見れるようにリブートして血がたぎります。高機動ザクかっこいいです。でもですね、 Gのレコンギスタは新しいガンダムを模索しています。ガンダムなのにガンダムじゃない。けど新鮮で面白い。テレビ版も見てますが、うまくまとまってます。あと話がわかりやすいのに深い。Zみたいに3部じゃなく、5部編成は正解だと思います。そして声を大にしていいたい、説教臭くない。

Zガンダムの劇場版はまとまりすぎていて話の展開が上滑りな感じがありましたが、Gのレコンギスタはその辺りがしっかりしてます。登場人物が大河ドラマなみに多いのにちゃんとキャラが立ってます。しかも全部創作キャラですよ。凄いです。富野由悠季が70代で脚本監督(現在80才)ってのがさらに凄い。こんな70代になりたいものです。

話がまとまってるのは、地球の生態系回復(Zガンダムからのテーマですな)のために地球のエネルギーをすべて地球外からのフォトンバッテリーに依存しているという最初の大事なところを端折らなかったからですね。あと過去の軍事関連の超技術が触れてはならないタブーとなっている。しかしタブーを破りたいのも人間の性。そうして軍事強化する国家アメリアが現れる。アメリアはフォトンバッテリーを地球に降ろすキャピタル・タワーと呼ばれる軌道エレベーターをキャピタル・テリトリーから奪取したい。一方、キャピタル・テリトリーは重力エレベーターを守るために軍事を進める。さらにフォトンバッテリーを地球に送っている月の勢力トワサンガは地球侵攻をもくろみ、艦隊を編成している。アメリアとトワサンガは敵対勢力。あとヴィーナスグロウブという金星宙域の人たちもでてきます。こんなにいろんな勢力が出てくると話がどう転ぶかわからない、話をどうにでもなる面白さがあります。戦国時代も群雄割拠の時代で、戦国時代の大河ドラマが多いのに通じるものがあります。

Gセルフに目が入ってるのがテレビ版と違うと監督が言ってましたが、それは本当で確かに違います。ガンダムに表情があるようで面白い。ガンダムはロボット兵器ぽいですが、Gセルフは人間キャラぽい。それがしっくりいきます。1980年代から2020年代のマンマシンインターフェースの違いなんでしょうか。今はメカじゃなく人っぽいインターフェイスが好まれているような気がします。監督は時代の流れを感じられる人なんですかね。そういえば1980年代のダンバインは最近流行りの転生ものの走りじゃないでしょうか。ダンバインは最近見直しましたが、やっぱり面白い。


2022/07/04

鎌倉殿の13人 第25話、26話 源頼朝は2度死ぬ。三谷幸喜三度目の傑作。

新撰組!、真田丸、そして鎌倉殿の13人。三谷幸喜が書いた大河ドラマは3作。3作をひとりで書いてるのも凄いですが、最新作の鎌倉殿の13人が一番面白いのもまた凄い。何が凄いって人の死に様(殺し方)の描き方です。これまでウォーキングデッドのキャラクターの殺し方が自分の中では最高でしたが、鎌倉殿の13人はその上を行ってます。

上総広常、木曽義仲(と息子)、源義経、源範頼の殺され方がどれもインパクトが強い。工藤祐経の残念な殺され方も哀れです。あと八重の死に方は刺さります。死に方というけれども、そこまでに至るエピソードを積み重ねてるからグッとくるわけです。

そして源頼朝がついに死にます。落馬して死んだというのは知っていましたが、事故死するのかと思いきやそうじゃない。忠臣や身内を誅殺したクソ野郎だったのに、最後は神から見放されて自分の死におびえるものの、最後は人生なるがままと悟って脳梗塞を思われる症状が出て馬から落ちて死にました。そこに居合わせたのは昔から付き従ってきた藤九郎(安達盛長)だけ。武家の頂点に上り詰めた男がこんなに寂しく死ぬものか。生まれるときと死ぬときは皆ひとり。ゴッドファーザーパート3の最後みたいに、こういうのにぐっときますね。これが第25話。

そして第26話、死んだと思っていた頼朝はまだ完全には死んでいませんでした!ほぼ脳死状態。士気が戻るんじゃないかとかいがいしく世話をする奧さん北条政子がまたいいんですよ。頼朝は悪い人じゃないと思わせると、同時にこの人は頼朝の鎌倉を守る恐いお局になるなと臭わせます。頼朝が死ぬに出家させたほうが成仏できるという京都のなぞの習わしにならって政子が頼朝の髪を切る。そうしたら頼朝がすでに捨てたと言っていた仏様の小さい象が入ってたのにまたぐぐっときました。悪魔のような非道な頼朝ですが、良心の呵責があったのですね。武家の棟梁となるべく必死にもがいていたのかと、だから捨てたと嘘もつく。ついに頼朝が死ぬ。政子のもとで死んだんですね。

頼朝の形見の仏像を政子は頼朝が死んで自分の役目が終わったと鎌倉を去ろうとする義時に渡す。そうきかたかと思いました。このシーンを見ながら、鎌倉を去ろうとする義時をどうやって心変わりさせるのか考えてまして、長くダラダラしたら面白くない。でも正義正論を振りかざすのもつまらない。そうしたらこの頼朝が肌身離さず持っていた仏像を渡すじゃないですか。これはもう三谷幸喜の脚本に完敗。素晴らしいの一言です。

今までの大河ドラマで一番面白かったのが平清盛ですが、この鎌倉殿の13人は同率一位。また最初から見てみたいです。一度本放送見て、また後から数話一緒に見ると本当に面白いです。

第26話の義時(小栗旬)の顔がいい。前と全然違います。本当にここから主役なんだなという感じです。英雄伝には必ずメンター(恩師)がいるんですが、鎌倉殿の13人は頼朝だったみたいです。

2022/07/01

かぐや様は告らせたいウルトラロマンティック最終回  まさかのキシリア様ネタ

かぐや様は告らせたいはエンディングがスターシップ・トゥルーパーズのパロディだったり、演出が暴走気味で非常に面白いです。四宮かぐやと白銀御行のクライマックスがこの上なくロマンティック。その直後にガンダムネタですよ。書かずにいられません。

四宮と白銀のキッスを見てしまって、心を撃ち抜かれる乙女。

ガンダム最終回でシャアに頭を撃ち抜かれるキシリア様。

あまりの正確さに吹きました。このシーン良いですよね。

この悪ノリはもう令和の「うる星やつら」ですな(本家も今年新作放送するようですが)。

さーて、かぐや様は告らせたいの第4期は?

« 2022年6月 | トップページ