2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

2017/12/14

ねほりんぱほりん 元子役 ちょっと売れた元子役の有名税は不公平

元子役(現在大学生)が周囲の子供より先に大人の世界を知ってしまった過去を語る。

元子役の演技力、人形アクターの演技力が問われる(ある意味)問題作。

ナレーションのひとのパに込める語気、素敵です。

続きを読む "ねほりんぱほりん 元子役 ちょっと売れた元子役の有名税は不公平" »

ねほりんぱほりん ヘリコプターペアレントはプチ監視社会

ヘリコプターペアレントは子供のことをなんでも把握してないとダメというプチ監視社会。

山里モグラの秘蔵ブタコレクションに爆笑しました。

続きを読む "ねほりんぱほりん ヘリコプターペアレントはプチ監視社会" »

2017/12/10

ブラタモリ 第93回 彦根 ~なぜ 家康は“彦根がイイ”と思った?~

近江アナがひこにゃんの登場でテンションマックス。見ているこちらは足軽屋敷でテンションマックス。

彦根城のガイドさんはなんとなく彦根出身かと思わせておいて、実は九州出身だったと方言でばれるまるでスパイ映画のような展開。

続きを読む "ブラタモリ 第93回 彦根 ~なぜ 家康は“彦根がイイ”と思った?~" »

2017/12/08

ブラタモリ 第92回 岐阜 ~岐阜は 信長が夢見た“平和の都”!?~

岐阜と聞くと義父という言葉を思い出します。結婚もしてないのに。

織田信長は決して暴君ではない!平和を求めていたのだ。

決して第六天魔王などではない!

続きを読む "ブラタモリ 第92回 岐阜 ~岐阜は 信長が夢見た“平和の都”!?~" »

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER 戦争が終わっても怨嗟の連鎖は終わらない

もともとシーズン2の4本だった話を一本の映画にまとめた本作。

ご褒美の戦闘シーンが多いのに、ストーリーもいい。

一年戦争が終わっても傷は癒えない。

連邦が存在するかぎり、俺の復讐は終わらないというゴック乗りのフィリップ・カウフマンの一言につきます。

JAZZ最高。特攻するコムサイを迎撃するアトラスの初登場シーンは痺れます。

続きを読む "機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER 戦争が終わっても怨嗟の連鎖は終わらない" »

2017/11/25

ブラタモリ 第91回 室蘭 ~工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは!?~ 湾 in 湾の良港と大艦巨砲主義

居酒屋放浪はしないけど夜景は堪能し、室蘭の焼き鳥は紹介するブラタモリ。

日本製鋼所の凄さを知る。個人的にはここが一番盛り上がりました。

続きを読む "ブラタモリ 第91回 室蘭 ~工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは!?~ 湾 in 湾の良港と大艦巨砲主義" »

2017/11/19

ブラタモリ 第90回 ものづくり名古屋 ~名古屋が生んだ“ものづくり日本”とは?~ 軋むタモリ

名古屋がどうして日本一のものづくりの町になったか探る回でしたが、

一番の見どころは

軋むタモリ氏。

鉄道が入るとギアが上がります。

続きを読む "ブラタモリ 第90回 ものづくり名古屋 ~名古屋が生んだ“ものづくり日本”とは?~ 軋むタモリ" »

2017/11/14

スタートレック ディスカバリー 第7話 深き森の奥へ まるでディスカバリー号がニンジャ

前半をうまくまとめて、後半はどうなるのかという終わり方。

クリンゴンの「死者の船」とディスカバリー号の一対一の勝負。特撮も凝ってます。高まります。

133回の胞子ドライブのジャンプは見どころ。結果スタメッツが大変なことに。

PTSDがどういうものかちょっとわかりました。

続きを読む "スタートレック ディスカバリー 第7話 深き森の奥へ まるでディスカバリー号がニンジャ" »

2017/11/10

ねほりんぱほりん ネトゲ廃人 これはもはや荒行。トイレに行くのも秒単位

1日あたりのプレイ時間が16時間を超えないと廃人と呼ぶなと豪語する。

まさに廃人。

ソシャゲは札束の殴り合い。

続きを読む "ねほりんぱほりん ネトゲ廃人 これはもはや荒行。トイレに行くのも秒単位" »

2017/11/07

ウォーキング・デッド8 第3話 歪んだ正義 無敵の軍隊などない。

原題は「モンスター」。別の表現をすれば無慈悲。そういう話でした。

エゼキエルは王として勝利は次の勝利への道を開く。仲間は誰一人死なないと豪語する。そんな甘い世界ではないのがウォーキング・デッド。

モーガンの目つきが怖い。シーズン8に入ってからのモーガンの怪物感が半端ない。

目には目を、怪物には怪物を。

続きを読む "ウォーキング・デッド8 第3話 歪んだ正義 無敵の軍隊などない。" »

より以前の記事一覧

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト